Close

えっちの・満足度・快感度・依存・興奮度を高める

From:長寺忠弘
神奈川の事務所より

こんばんは長寺です。
今日は「彼女が夢中になるえっち」について
話したいと思います。

あなたにとって、きっとプラスになる話しだと思います。

私は、よくえっちの相談を受けるのですが、
そのなかでも多いのが、、、、

「彼女がえっちに夢中になっていない」
「えっちに集中していない」
「女性が恥ずかしがっている」

このような相談が多いです。

そこで、、、
失礼を覚悟でハッキリと答えます。

それは、

「男であるあなたの責任です!」

ムードや、そこまでのプロセスで、
えっちの集中度は全然変わります。

そして、
それをリードするのは我々
男の仕事なのです。

そりゃ、女性によっては、
集中しにくい女性もいますし、
夢中になりにくい女性もいます。

でも我々男性が、
それをクリアしてあげるのが、
男としてのマナーだと思います。
(言い訳はなしですよ!!)

それに、
もし、それができなくて
女性に、物足りない印象をもたれても
残念ながら自業自得だと思いませんか?

これは、自分の責任でしかありません!
それだけ男性はリードする必要があるのです。

それでは、、、

【彼女が夢中になるえっちの条件】
を簡単に解説します。

女性が夢中になるえっちには必ず共通している
条件があります。あなたは知っていますか?

それは、、、、

夢中になるえっちで、、、
女性は、必ず大量の脳内麻薬を分泌していることです。
これは、科学的なデータがでていたはずです。
(※すみませんソースを忘れました、、、)

そして、この脳内麻薬の分泌している量によって、
・満足度・快感・依存性・興奮度、が決まるそうです。

主に重要だといわれているのが、、、
この3つの物質です。

【アッパー系】

▼フェニチルアミン
(興奮の導入時に分泌し、他の快感物質を増大させる役割)

▼ドーパミン
(快感を感じさせるホルモンで、PEAの作用で大量に誘発
 これを分泌させたいがために人は行動を起こすといわれる)

【ダウナー系】

▼βエンドルフィン
(行為後、うっとりする幸福感、愛着を感じさせる作用)

この3つの脳内物質が
女性のえっちでの、満足度、快感、依存性、興奮度
に繋がるのです。

ですが、脳内麻薬を分泌させると言っても
普通は、なかなかピンときませんよね。

「どうやって分泌させるんだよ」
そう感じると思います。。。

そこで、
この3つの脳内麻薬を大量に分泌させるために
作られたテクニックがあります。

そこでは、この3つの脳内物質が分泌するように
作られたテクニックを意図的にえっち中に行ないます。

それがコレです

http://ktrr.net/ta/T7RITd.php

ご存知の方もいるかもしれませんが、
このテクニックを編み出したのは、
セクシャルスクールを行なっている
古賀宏さんという方です。

もしあなたが【彼女が夢中になるえっちをしたい】
えっちで彼女の、満足度、快感、依存性、興奮度を高めたい
そう共感してもらえるのなら、
こちらの記事が参考になります。

http://ktrr.net/ta/T7RITd.php

PS.
男に生まれた以上、やっぱり
女性を満足させる男になりたいですよね。
応援しています。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。