Close

おっぱいの焦らし愛撫

先日、女性へのおっぱい愛撫は、乳房の愛撫を飛ばして、“いきなり乳首の愛撫をした方が効果がある”と言いましたが、乳房への愛撫にメリットがないわけではありません。

乳房を愛撫することで、女性に「乳首への愛撫を期待」させることができ、焦らし効果があるからです。ですので今回は逆に、ギリギリまで乳首を触らない乳房への愛撫のやり方を紹介します。

乳首を触らない、おっぱい愛撫の方法

女性の胸は、愛撫するうえで必ず揉みたくなる場所ではないでしょうか。ところが、乳房はほとんど脂肪でできているため、快感を感じる神経もほとんどありません。

乳房を揉まれて女性が気持ちいいと感じるのは、乳首や、乳房の周囲の皮膚が引っ張られることによってその下の神経に刺激が伝わるからです。それと、“男性に揉まれている”というシチュエーションにも興奮しています。

そのように、周りの様々な要素で快感を感じているという意味では、「錯覚性感帯」といえるかもしれません。もちろん、むやみに揉んでも効果はありません。効果的な揉み方があります。

 

焦らしの時間稼ぎには褒め言葉を、、、

乳房は最初、親指と人差し指の間に挟んで、両方の乳房を、下から上に持ち上げるように揉みます。

上から下に揉むと、女性はおっぱいが垂れ下がることを意識しますので、不快感を感じることがあるそうです。少しでも気になる要素があるだけで女性はそちらに意識が集中してしまいますから、ここは王道の揉み方をしてください。

もちろん、この時にあなたの気持ちを込めて「柔らかくて気持ちいい」とか、「きれいな形してるね」と言ってあげると、それだけで女性はいい気分になり、その後の愛撫も受け入れやすくなっていきます。

それでは、そろそろ乳房への愛撫の手順を解説していきましょう。

 

爪を使う、おっぱいの焦らし愛撫

セックステクニックの手順

ステップ1.まず、両脇の下からおっぱいの下側のラインに向かって、なでたり押したりしながら両手の指を這わせていきます。

このラインには神経が通っていて、「スペンスの乳腺尾部」という、隠れた性感帯になっています。押す刺激に対して反応が活性化します。

ステップ2.次に、片方のおっぱいの下側のラインに沿って指の腹を上に向けて爪側を使って、フェザータッチで左右に這わせます。

こちらも神経が通っています。おっぱいのラインに沿って指を動かすことは女性も意識しやすい動きなので集中しやすいです。

ステップ3.今度は、下から乳輪ギリギリまで、まっすぐ上に向かって爪側を使って指を這わせます。

ここも片方のおっぱいだけを愛撫します。できるだけゆっくり動かすのがコツです。何度か繰り返す時は、上まで行ったら指を離し、再び下から上に向かって指を這わせていきましょう。

ステップ4.再び乳房の下側のラインから、今度は、らせん状に上に向かって指の爪側をゆっくりと這わせていきます。

ここも片方だけでいいです。せっかく乳輪まで近づいたのに、また下から攻めていくことで焦らし効果を高めるのが狙いです。これも今までと同様、ゆっくりとした動きを繰り返していきます。

ステップ5.最後に乳輪の周りをなぞるように指の腹を這わせます。決して乳首に触れないようにしてください。

ここも片側のおっぱいの乳輪でいいです。乳輪は乳首ほどではないですが、乳房より感度は高いですから、乳房愛撫のクライマックスに持っていきます。

ステップ6.同じ愛撫を、もう片方の乳房にも繰り返しやっていきます。

片側だけじっくり愛撫するのは、集中させやすかったからです。

 

爪を使う、おっぱいの焦らし愛撫のポイント

「スペンスの乳腺尾部」をもう少し知りたい場合は、脇から胸にかけて、押しながら移動して女性に“気持ちいいか”聞いてみるといいでしょう。

フェザータッチのコツは、肌に対して45度の角度が理想的と言われています。

指を這わせる動きは、ゆっくりやるほど焦らし効果が高まります。乳首になかなか行かずに繰り返されることも同様です。

 

おっぱいの焦らし愛撫まとめ

フェザータッチもそうですが、乳房を爪側の指で愛撫するのは、女性によってはくすぐったいだけの場合があります。くすぐったがる場合は無理をせず、普通に触ったり、次の愛撫に移ったほうが無難です。フェザータッチの愛撫は何度も繰り返すことで慣れていきますので、徐々に開発するようにしてください。

片方の乳房だけをゆっくり何度も愛撫して、なかなか乳首に行かない愛撫を繰り返したら、女性から「乳首も触って、、、」と求めてくるかもしれません。

今回紹介した愛撫は、乳首愛撫の前戯にすぎません。この後はちゃんと乳首を愛撫して、女性を感じさせてあげてください。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。