Close

セックスでの挿入時間を伸ばすのに役立つ3つの「座位」

zaiaiziai

「刺激LIFE」の長寺です。

あなたは、もっと、
セックスでペニスを挿入してから射精するまでの時間を伸ばしたいですか?

「はい!もっと長くピストンを楽しみたいです!」
という方向けの話をします。

結論から言うと、ポイントになるのは、
「座位」の使い方です。

座位だとガンガンとピストン運動をするわけではないので、
ペニスへの刺激も比較的小さめなので、、、、

体位チェンジの間に座位を挟むと、
射精感を遠のかせるのに都合がいいというわけです。

とは言っても、毎回のように、
対面座位で挿入したままギュッと抱き合ってるだけでは、
イマイチ芸がありません。

それに、
「射精しそうなのを我慢してるのかな?」
って女性にバレるかも(笑

そこで、覚えておくと役立つ
座位のバリエーションを3つ紹介したいと思います。

結合部が丸見えになる座位

普通の座位は体を密着させることが多いですが、
ここでは、お互いに上半身を後ろに倒す座位を紹介します。

上半身を後ろに倒すメリットは何かというと、
結合部分が丸見えになることです。

意外とこれで興奮する女性も多いんだとか。

まず、座位でペニスを挿入したら、
男女両方共、脚を前に投げ出します。

そして、上半身を軽く後ろに倒します。
(後ろに手を着くと安定感がアップします)

ピストン運動はしにくい体位ですが、
女性に協力して動いてもらえれば結構動けたりもします。

脚を交差させる座位

男女が脚を交差させて挿入する座位をご紹介します。

体勢は先ほど紹介したやり方と似ているのですが、
脚を互い違いに交差させてから挿入するのが違いです。

松葉くずしの座位バージョンというと、
イメージが掴めるかもしれません。

この体位のメリットは、
膣内でのペニスの角度が斜めになることです。

膣内で亀頭があたっている位置によって
女性の感じ方が違ってくるので、
バリエーションの一つとして覚えておく価値が高いです。

やり方は、通常の座位から、
女性の足を、片足だけ乗り越えます。

そして、女性の反対の太ももを、
自分の太ももで挟みこむようにします。

これもピストン運動はしにくいのですが、
動かさなくても気持ちいい体位です。

目の前にある女性の太ももを愛撫してあげるのもいいでしょう。

膣内の圧迫感を味わえる座位

最後に紹介するのは、
女性に真横を向いて座ってもらう座位です。

女性をお姫様抱っこをして自分の太ももの上に乗せながら
ペニスを挿入するというやり方もあります。

このやり方だと女性が足を閉じているので、
膣に入っているペニスの圧迫感が強めです。

そのため、小さく揺さぶるだけでも、
かなり気持ちいいと思います。

ついうっかり射精しないように、
動かし過ぎには注意しないといけません。

 

今回は、3つの座位のバリエーションを紹介しました。

こういう座位のやり方を知っておくと、
女性に「時間を稼いでいる」とは思われずに、
挿入時間を伸ばすことができるはずです。

気になった方はぜひ試してみてください。

 

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。