Close

セックスの、「回転運動」

セックスのピストン運動のひとつに、「回転運動」というものがあります。女性の膣内を掻き回すように、ペニスを回転させる方法です。あなたも、やったことがあるんじゃないでしょうか?

でも、ペニスを思うように膣内で回せないので、ペニスを回しているつもりが、実は、膣口に負担がかかっていることをご存知でしょうか?

回転運動の“勘違い”、、、?

この回転運動は、女性にとっても、ある程度セックスが進行した段階で、女性器全体が柔らかくなってきた状態なら、多少の刺激の強さには対応できるようです。ですが、最初の段階で、いきなり回転運動されると、痛みを伴うことがあるみたいです。

もちろん、回転運動自体が効果がないわけではありません。先ほど、「膣口に負担がかかる」と言いましたが、ペニスのサオで膣口をグリグリすれば、女性に、快感を与えることはできます。

そこで今日は、同じ回転運動でも、もっと女性に快感を与えられるような、“新しい回転運動”を紹介したいと思います。

 

ペニスではなく、恥骨を回転させる方法

セックステクニックの手順

ステップ1.正常位の体勢で挿入します。

まずは、挿入からスタートします。

ステップ2.奥深く挿入したら、そこで止めます。

ピストン運動が目的ではありませんので、一旦止めてください。

ステップ3.男性の恥骨が、女性の恥骨に当たっているか確認してください。

恥骨と恥骨が接触していることが重要なポイントとなります。

ステップ4.恥骨をグリグリと回転させ、クリトリスに刺激を与えるようにします。

回転方向は、同じ方向で、一定の速さで回すようにしてください。

 

ポイント

セックスの時に、男性の恥骨をクリトリスにぶつけて感じさせる方法は、既に存在するセックステクニックです。この時、ペニスの前後運動で、男性の恥骨をクリトリスにぶつけるか、ピストンしながら、指でクリトリスをいじるのがベーシックな方法です。

今回の、新しい回転運動のポイントは、恥骨を回転するようにしてクリトリスを刺激することです。

 

まとめ

従来の、ペニスのサオを回転させる方法は、膣口を刺激する効果はありますが、膣口への負担も大きくなります。今回の、恥骨を回転してクリトリスに押し付ける方法は、膣口に与える快感よりも、効果も大きくなるはずです。そういう意味では、「新しい回転運動」といえるのではないでしょうか。

ペニスへの刺激は少ないですが、女性を気持ちよくさせる可能性も大きいはずです。あなたも、気になるようなら、簡単ですので、ぜひ、試してみてください。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。