Close

レスの解消にはコレ!!パートナーにもう一度ときめくテクニック3つ

From:長寺忠浩
横浜の喫茶店にて

今日はあなたに、
「長年連れ添ったパートナーに、もう一度トキメキを感じるテクニック」
を、幾つかご紹介したいと思います。

1:会話に下ネタを混ぜる

セックスレスに陥る一番の理由は、
相手に性的魅力を感じない、
つまりエロスを感じないこと、だと言われています。

「いいオッパイしてるよね」とか、
「揉みしだきたくなるお尻だね」など、
パートナーとの会話に下ネタを混ぜてみましょう。

それに、恥ずかしがる相手を見ると、
あなたの性欲もギラギラとしてくるはずです。

さらに、下ネタを言うことで、
相手にあなたとのセックスを意識させることも、
とても大切なことです。

それに、親しくない女性に言うと、
セクハラになってしまう下ネタも、
パートナーに言えば、生活のスパイスになりますよね。

2:共通の知人にパートナーの長所をあげてもらう

男女の仲に、他人は必要ない!!
あなたは、そう思ったのではありませんか?
でも、ちょっと考えてみて下さい。

男と言うのは、基本的に、
「追いかけたい」生き物です。
そして、必死に獲物を追いかけるのはどんな時か…

それはずばり、他人に獲物が狙われている時です。

例えば、あなたと奥さんの共通の知人に、
「あなたの妻の良いところベスト3」
をあげてもらいましょう。

他人から聞かされる、
パートナーの長所は新鮮に感じられます。

それに、他人から魅力的に見える、イコール、
奪われる可能性がある、という場合、
男はがぜんムラムラしてくるものです。

3:共同作業をする

男女の究極の共同作業といえば、
もちろんセックスです。

その前段階として何か、
二人でなくては出来ない共同作業
をしてみましょう。

例えば、

・凝った料理を一緒に作る
・買い物に出かけて、相手をプレゼントを選ぶ
・部屋の模様替えをする

などがオススメです。

僕の知人のある男性は、
最近、奥さんとセックスレス気味でした。

ですが、
一緒に部屋の模様替えをしたのをキッカケにして
レスを解消することが出来ました。

衣替えのついでに、家具を動かしたり、
しまっておいた段ボールを出したりしているうちに、

二人でその家に引っ越してきた、
若い時のことを思い出して、
ものすごくムラムラしたそうです。

カーテンのかかっていない窓の近くにたんすを置いて、
外からの視線をさえぎって、
奥さんをそのまま床に押し倒してセックスをしたところ、

擬似青カンプレイのような気がして、ものすごく興奮した

とのことです。

新しいトキメキを探しに行くのも良いですが、
今まで一番、手間、暇、お金をかけたパートナーに、
もう一度トキメキを感じるのも、とても素敵なことですよね。

今日、紹介したテクニックを使って、
あなたも、パートナーとのトキメキを、
もう一度取り戻して下さい。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。