Close

ドーパミンの分泌で女性にセックスでの喜びを高める3つの方法

dopamindobadoba

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

8月某日23時、
六本木から大江戸線に乗りました。

私の両隣が、派手目なギャル。

2人とも脚組んでて無愛想な感じでしたが、、、

やっぱ東京のギャルはいい匂いしますね。

さて、いい匂いを嗅いだときに限りませんが、
脳が喜んでるとき、脳内ではドーパミンなどの幸せホルモンが出ます。

ドーパミンは女性にとっても重要な物質です。

ドーパミンが不足すると、
セックス意欲を低下させるだけでなく
うつ病の引き金にもなりかねないそうです。

ですので、セックスの最中には女性の幸せホルモンを分泌さましょう!

といっても、直接脳内物質を搾り出すわけにもいきませんので、
幸せホルモンが出やすい状況を作りましょう。

という程度のことです。

それでは、
「ドーパミンの分泌で女性にセックスでの喜びを高めさせる3つの方法」
をお伝えします。

方法1:アロマオイルを炊いてセックスする

アロマオイルを炊くことで
安らぎホルモンである「セロトニン」が分泌されます。

あなたも一度は嗅いだことがあるかと思いますが、
ラベンダーなどのやさしい香りは
不安を取りのぞいて癒してくれる効果があります。

「アロマ・セックス」とまで
最近言われているくらいですから、
認知度もかなりあがっているようです。

女性をリラックスさせた状態でセックスすれば
どんどんドーパミンが分泌されて
セックスで深い喜びを与えることができると思います。

方法2:足つぼをマッサージする

セックス前に足つぼマッサージするのも良いですし、
プレイの1つとして途中に入れてもよいと思います。

脳の中では
足の刺激を感じとる脳の領域と
性器での刺激を感じる領域は隣り合わせです。

つまり足ツボを刺激すれば、
女性器で受ける刺激に似た快感を
脳で感じとることができるわけです。

足つぼをちょっと触っただけでも、
うなるような声をあげる女性もいますよね。

マッサージだけでなく、
ツボを押したり舐めたりすると効果アップです。

方法3:クンニとキスでたっぷり感じさせる

お互い裸になった状態で
優しくキスしたりクンニするだけでも
ドーパミンはどんどん分泌されます。

ポイントは、
最初はソフトに丁寧に刺激を与えることです。

初回から激しかったりすると、
女性は愛情よりも恐怖を感じてしまって
快感には至りません。

目の前の女性を本当に愛していると思って、
ひたすら丁寧に、やさしく行いましょう。

女性が感じてきたら、
じょじょにプレイを濃厚にすると良いでしょう。

以上が
「ドーパミンの分泌で女性にセックスでの喜びを高めさせる3つの方法」
でした。

女性が
つねに安定した気持ちでセックスにのぞめて
快感を味わえるっていいですよね。

ぜひ試してみてください。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

J
2015年9月3日 18:54

足つぼか。
勉強になります。

返信
柴垣 良策
2015年9月3日 21:06

この様な素晴らしいお話見せて頂き
私には、パートナがいないので絵に描いたお餅です。

返信
ピグモン
2015年9月4日 16:19

ドーパミン 大変為になりました

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。