Close

バックの注意点

多くの生物が、セックスする時は、「バック」でしますよね。人間も、昆虫も、トリも、パンダも、、、。

そして、バックは、男性も女性も、好きな体位のひとつです。あなたもバックは好きですよね?

今日は、バックでセックスする時の注意点を解説します。

バックの種類

バックは、おおまかに4種類に分けられます。

・ドッグスタイル
・寝バック
・立ちバック
・うつぶせバック

この中から、今日は、オーソドックスな、「ドッグスタイル」のバックの注意点を解説します。

 

ドッグスタイルのバックの、注意点と克服法

セックステクニックの注意点

注意点1.激しいピストンは女性に負担がかかる。

女性は、四つん這いのため、不安定な体勢です。あまり激しくピストンすると、体重を支えるのに、負担がかかります。
この場合は、浅いピストンも織り交ぜるようにすると負担が軽減されます。

注意点2.上付きは、ドッグスタイルが苦手。

下付きの女性の方が、角度的に、バックに向いています。
日本人女性の多くは、下付きですが、上付きと思う女性がいたら、女性の上体を地面に付けさせて、お尻を高く上げてもらうと、挿入しやすくなります。

注意点3.クリトリスを忘れがち。

挿入すると、ペニスの下側にクリトリスがあるため、クリトリスを刺激する機会が減ってしまいます。たまに、手を下に伸ばして、刺激してみましょう。

 

ポイント

激しいピストンは、ポルチオに当たることがあり、興奮する女性もいますが、痛がる女性もいます。浅めにピストンすることで、膣口を刺激することができます。膣口は、感じやすい場所ですので、深いピストンと織り交ぜて、女性が感じる方を探ってみるのもいいかもしれません。

バックしながらだと、クリトリスに手が届きにくい、という場合は、ペニスでGスポットを攻撃するのも、ひとつの方法です。ドッグスタイルだと、ちょうどお腹側にGスポットがきますので、男性が上からペニスを突き下ろすようにすると、当たりやすくなります。

 

まとめ

バックの体位には、注意すべき点が、いくつかありました。今日は、「ドッグスタイル」のみの解説でしたが、機会があれば、他のバックについても解説していきます。

今日、紹介した、ドッグスタイルのバックの短所は、ちょっとした工夫で、クリアできそうなことばかりでした。意識していないとできませんから、これらの知識をさっそく実践して、自分のものにしてみてください。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

匿名
2017年7月20日 17:01

ご参考にしながら、精進したいと思います

返信
佐々木
2017年7月21日 1:37

このたび勉強になりました。
自分だけではわかりませんでした。
ありがとうございます。
また解説よろしくお願いいたします。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。