Close

バックシャワーで感度をアップさせる方法

shwww

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

弊社の田中景子から、
こんな話を聞きました。

田中:「長寺さん!某ファッション雑誌で見たんですけど、
『粘液美人』って知ってます?」キャッキャ

私:「ね、粘液美人てなに?」

田中:「セルフケアで濡れやすさをキープしてる女性のことです!
女性って、加齢であそこが濡れずらくなりますよね?」

私:「肌の保湿をするように、あそこも保湿、みたいな?

田中:「まさにソレですよ!フランス辺りでは、
保湿に限らず、膣ケアのアイテムも豊富らしいですよ。」

私:「じゃあ、それを女性にプレゼントすれば、
俺もヌレヌレの女性とできるのかな?」

田中:「・・・・・」

さて、、、

私たち男性には、女性の膣ケアまではできませんが、
洗いながら愛撫することはできると思います。

そこで今回は、
バックシャワーで感度をアップさせる方法
紹介します。

:バックシャワーで感度をアップさせる方法

先に、男性がシャワーを浴び、自分の体を一通り洗っておきます。
手はしっかり洗って、ボディソープなどはしっかり流しておきましょう。

女性用にシャワーの温度と圧力を調整したら、
女性にも浴室に入ってもらいます。

<手順>
1.女性に足を肩幅程度に広げて立たせます。

2.女性の手を壁かバスタブに着かせて、上半身は前傾させます。

backshowert

 

3.後ろから斜め上に、女性器を狙ってお湯をかけていきます。

(※一般的には、前からシャワーをかける愛撫が多いので、
後ろから女性器に向かってシャワーをかける方法は
女性に新鮮な快感を与えます。)

5.シャワーのお湯を女性器に当てたまま、
あなたの中指を後ろからゆっくりと挿入します。

6.3cmほど指を挿入して、ゆっくりとピストンします。
特に、指を抜くときには、指の腹が膣壁にあたるように
意識してみてください。

7.徐々に奥の刺激もしていきます。
奥まで指を挿入したら、膣を掃除するかのように
指を左右にやさしく半回転させます。

膣の上、下、横のそれぞれのスポットを
指の腹でそっとほじくるように刺激しましょう。
(※このときもお湯の刺激はキープします。)

以上が、バックシャワーで感度をアップさせる方法
でした。

この方法の目的は、
イカせることではありません。

性器全体をお湯で温めて、
女性の感度をあげられることが重要です。

ですから、ベッドに行くまでの
準備として使うことをオススメします。

なお、途中で女性がもっと刺激を求めてきた場合は、
自分でクリトリスを触ってもらえばよいでしょう。
バックシャワーと同時に行えるので、
女性も快感を感じやすいと思います。

ー長寺忠浩

この記事へのコメント

Macky
2015年12月15日 18:13

今度やってみたいですね!

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。