Close

彼女がイクまで射精を我慢できない時の3つの対処法

piston223

「刺激LIFE」の長寺です。

一般的に、女性が中イキするまでには、
男性がイクのにくらべて大幅に長い時間がかかります。

ですので、ペニスを挿入してから、
射精のタイミングのコントロールは重要です。

これはセックスの基本的なスキルと言えるかもしれません。

もちろん、前戯でカバーするやり方もありますが、
やはり挿入を楽しめるかどうかで、
セックスの満足度は大きく変わってきます。

そこで今回は、
セックスでの射精コントロールのコツを掴むための
ヒントになりそうなテクニックを3つご紹介します。

(1)超スローピストン

まず最初に紹介するのは、
かなり初歩的なテクニックなのですが、、、、

「ヤバい、そろそろ出そう…」と思ったら、
ピストンのスピードを落とすというやり方です。

完全に動きを止めるのではなく、
非常にゆっくりとでいいので動き続けるのがポイントです。

そうすることで、女性を感じさせながらも、
時間を稼ぐことができるからです。

ペニスを中に入れ進めていくときも、抜いていくときも
1ミリずつ動かすくらいのつもりでやりましょう。

(2)ペニスを挿入したまま腰をグラインド

ペニスを抜き差しするのではなく、
挿入したまま腰を上下左右にグラインドさせる方法もあります。

このやり方のメリットは、
とにかく亀頭への刺激が小さくなることです。

その一方で、女性にとっては、
膣内だけでなくクリトリスへの刺激も加わります。

また、膣内での快感が高まっている女性には、
焦らし効果もあります。

女性が足を絡めてくるなどのアクションがあった時は、
ピストンを再開して一気にイカせるといったことも可能になります。

(3)体位チェンジ

射精を我慢できそうにないという時は、
体位を変えてみるというのも1つの手です。

特にオススメの体位は「対面座位」です。

なぜなら、単純に動きにくいからです(笑

正常位などと比べると、
自然とゆっくりとした動きになるので、
ペニスへの刺激も小さくなります。

それに、お互いの顔が近い状態ですので、
キスをしたり、また乳首を刺激したりと、
女性の上半身を攻めやすい体位です。

射精感が遠のいたら、
また別の体位に切り替えて、
ピストンを再開しましょう。

 

以上、3つのやり方をご紹介しました。

どれも初歩的な内容ではありますが、
射精コントロールのコツを掴むための
きっかけになると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。