Close

ピストン運動で筋肉への負担を最小化する3つのテクニック

tsukarenaitaii

「刺激LIFE」の長寺です。

セックスでピストン運動を長く楽しむためには、
筋力や体力が必要だと思われている方もいると思います。

ですが、ちょっとしたコツさえ覚えておけば、
楽して動けるやり方はいくつもあります。

私が特に気に入ってるやり方を3つご紹介します。

スプリング対面座位

とにかく、筋力を使わずに楽してピストン運動をするには、
非常にオススメのやり方です。

ただし、使えるのは、ベッドの上だけです。

まず、男性があぐらをかいて、その上に女性に乗ってもらい、
対面座位の形で挿入します。

その状態で、ベッドのスプリングを利用して、
体を上下に揺さぶります。

こうすると腰を動かす必要はないので、
筋肉への負担はかなり小さいです。

お互いの密着度も高い体位ですので、
フィニッシュに使うと良いかもしれません。

背面側位+指技

側位は、男性の体もベッドの上に接地してますので、
普通にやるだけでも疲れにくい体位だと言えます。

ですが、これに指での愛撫を追加すると、もっと楽をできます。

まず、横になった女性に後ろから挿入して、
背面側位の体位を作ります。

そして、そのまま女性を抱きしめるようにして、
手を女性の体の前に出します。

あとは、ピストン運動をしながら、
クリトリスや乳首を手で愛撫するだけです。

ピストン運動はゆっくりとしたペースでの、
手での愛撫が追加されることで、たっぷりと女性を感じさせることができます。

ペニスを挿入したまま、クリトリス愛撫でイカせるのも良いと思います。

松葉くずし

やや激しいピストン運動をできるだけ長く楽しもうと思ったら、
いわゆる「松葉くずし」の体位を覚えておいて損はありません。

というのも、男性側はまっすぐ膝立ちをする姿勢になるので、
腰への負担がかなり小さいんですね。

だからこそ、ピストン運動を楽に長く続けるのに効果的だと思います。

やり方は、正常位の状態から変形させるとスムーズです。

正常位の状態から、女性の片方の太ももを乗り越えて、
両膝で挟みこむようにします。

そして、女性の反対側の脚を両手で持ち上げて、
女性の体を横向きにします。

そして、自分が動きやすい位置に微調整してから、
ピストン運動を開始してみてください。

正常位よりも楽で、性器同士の密着感も高めです。

 

いかがだったでしょうか?

今回は3つのやり方を紹介しましたが、
セックス中は常にこのどれかを使わないといけない
ということはありません。

普段通りのやり方に、追加してみるだけでOKです。

それだけでも、女性に気づかれない内に体力を回復させて、
次のラウンドに進めると思います。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。