Close

プレイで使える方程式(オーガズムの方程式)

sexserap「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

普段は汗っかきな私ですが冬場になると
乾燥するせいか体のあちこちが痒くなります。

手の届かない場所は誰かに掻いてもらうのですが、
自分が求めている掻き方と微妙に違う、、、
ということが多いように感じます。

実は、、、性感帯にも同じことが言えます。
性感帯への刺激も個人の好みに大きく左右されますので、
ちょうどよい刺激を見つけるのは、なかなか難しいです。

では、、、

問題.「掻く時と性感帯を愛撫する時に共通する重要なポイントは?」

性感帯を愛撫する目的は女性をオーガズムへと導くためですね。
そのためにはオーガズムに向けての的確な愛撫が必須となります。

掻く時と共通する的確な愛撫に必要なものはなにか、、、

答え.「『力の加減』と『速度』が重要」です。

背中などを掻いてもらう時に「もっと強く」「もっと激しく」と
注文をつけるように、オーガズムへと導く愛撫も
『力の加減』『速度』が鍵となります。

ですが、刺激の好みは千差万別なので容易には見つけられません。

しかし、ある方法を使えば簡単に見つけることができます。

オーガズムの方程式

性感帯を愛撫してオーガズムに導くための方程式を2つ紹介します。

一つ目の式とは、、、

感度×(速さ具合)×(強さ具合)=女性が受ける刺激

式の右側から解説すると、、、
感度というのは、性感帯の感度です。
焦らしたりすればもちろん感度も変わるのですが、
ここでは、感度は一定として考えてみます。

では、速さ具合とは何でしょうか?

これは、速さの丁度良さです。
高校の数学か何かで、
こんな図を見たことありませんか?

速さ具合

ここではグラフの形だけイメージすればOKです。
重要なのは、速さ具合が最大になる速さがあるということです。

同様に、強さ具合が最大になる強さもあります。

強さ具合

感度が定数ならば、aの速さ、bの強さで
「女性が受ける刺激」は最大になります。

大事なことは、刺激の大きさ≠快感の大きさ
だということです。

女性側にも、刺激の丁度良さがあります。

また、刺激によって、快感だけでなく、
くすぐったさや痛みなども発生します。

だから、この公式で大切なことは、
快感、痛み、くすぐったさなどの バランスのいいところを狙って、
速さや強さを調整する。ということです。

では、方程式の2つめです。

快感×時間=快感量

快感量というのは、快感の累計です。
快感量が一定レベルを超えると、
オーガズムに達します。

ですが実はこの式は不完全です。
女性が痛みを感じれば、快感量は一気に下がりますし、
気持ちも冷めてしまいます。

しかし、それらのマイナス要因を無視できて、
女性をイカせられる簡単な方法があります。

それは、
 一定のリズムで長時間愛撫できる方法(強さ・速さ)を見つけて、
コツコツと続けることです。

少しでもプラスになる愛撫を積み上げていけば、
オーガズムに達するのは、時間の問題です。
以上、「オーガズムの方程式」

でした。

方程式を知らずに攻め方を一から探ろうとしてしまうと
時間が掛かってしまい、女性の興奮は冷めてしまいます。

ですが、この方程式を覚えておけば、
変化させる要素を絞ることができますので
相手の好みに容易に辿り着けます。

段階を踏んで好みに合わせた愛撫を
見つけていく方法をあなたも試してみてはいかがでしょうか。

では、また。

-長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。