Close

女性との距離を縮める「下ネタ」の使い方

izakaya

 

「刺激LIFE」の長寺です。

昨日、居酒屋で友人とこんな会話をしていました。

 

長寺「生ビール飲みたい」

友人「生はオイシイけど、危険だよ!?」

長寺「あー、当たったりするもんな(笑)」

友人「そうそう、生牡蠣とか当たるとヤバいよ」

長寺「生の貝は、危険だよね!!」

友人「責任取らされたりして…(笑)」

長寺「やっぱり、ラップ的なもので包まないと!!」

 

……。

本当に、下らないですね。
すみません。

ただ、意外に思われるかもしれませんが、、、、

この会話していた友人は、実は女性です。

相手が女性でも、いくつかのことに気を付ければ、
楽しく「下ネタ」を言うことができます。

そして、短期間で仲良くなれるのです。

そこで今回は、私が意識している
女性との距離を縮めるシモネタの使い方
をご紹介したいと思います。

 

1:比喩表現を使う

女性は、生々しいシモネタを嫌がります。
逆に、オブラートに包んで、
上手に例えると、ウケることが多いです。

(例:女性器→貝、コンドーム→ラップ)

 

2:一度しか言わない

一つのシモネタがウケると、
何度も続けて言いたくなりますが、
そこは我慢して下さい。

しつこくすると嫌われてしまいます。

下ネタじゃなくても、同じギャグを何度も言われ続けると、
流石に飽きますからね。

 

3:自分をネタにする

相手の女性を話のネタにしてはいけません。

その女性の友人・知人もやめたほうが良いです。

×「君のお尻、イイ形だね。揉みしだきたいよ。」

○「僕のお尻、イイ形だと思わない?揉みしだいてもいいよ?」

相手をネタにしてしまうと、
女性は身の危険を感じて、引いてしまいます。

ですが、あなたが自分をネタにすることで、
笑いを取ることができます。

さらに、相手を引かせることなく、
あなたがその女性にとって、
性的な存在であることをアピールも出来ます。

 

シモネタは、間違った使い方をすると、
恋愛と言う戦いにおいて、
女性から一発退場を喰らいます。

ですが、正しい使い方をすると、
心の距離をグッと縮めるだけでなく、
ベッドへの距離もグッと縮めることができるのです。

ぜひ、あなたも、ここで紹介したポイントに注意して、
まずは女性と仲良くなって下さい。

それではまた。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。