Close

ペニスを挿入してから「前戯が足りなかった!」と気づいた時の対処法

sounyuushitehayai

「刺激LIFE」の長寺です。

今回は、女性にペニスを挿入してから、
膣内の性感を高める方法を紹介します。

ピストン運動を開始してから、

「あ、ヤバい!彼女の反応がイマイチだし、
 前戯がまだ足りなかったかも??」

と気づいた時に、
緊急の対処法として使えるやり方です。

感じてない女性にガンガン突くのはNG

当たり前のことですが、、、、

膣内の性感が高まってない女性に、
ペニスを挿入してガンガンとピストン運動をするのはダメです。
(あなたは大丈夫ですよね??)

そうしないと女性にとっては気持ちいどころか、
痛みを感じるだけになってしまうからです。

ですので、本来なら前戯でたっぷりと性感を高めてから、
ペニスを挿入するべきです。

ただ、ペニスを挿入したあとになって、
前戯が足りなかったことに気づいたら焦りますよね。

一度、ペニスを引っこ抜いてから、
指を使った前戯を再開するとか、、、、

男としてカッコ悪すぎて、
想像しただけでも死にたくなります(泣

そこで、ペニスを挿入したまま、
彼女の膣内の性感を高めるちょっとした方法をご紹介します。

膣の浅い部分でペニスを左右に動かして、女性の性感を高める方法

まず、大前提として、
性感帯は膣の浅い部分に集中しています。
(Gスポット、膣括約筋など。膣口周辺も敏感です)

一方、膣の奥にはポルチオなど強い快感を味わえる性感帯がありますが、
女性の性感が高まってない状態で刺激するのはやめておいたほうが無難でしょう。

そこで、膣の浅い部分をペニスで優しく刺激するのが、
性感を高めるためのポイントになります。

実際のところ、ピストン運動にこだわる必要はありません。

ペニスを浅めに挿入してから、
左右にフリフリと動かすだけでも、
膣内の敏感な部分を適度に刺激できます。

ペニスで膣を左右に広げるような動かし方です。

これをしばらく続けて女性が感じてきたなと思ってから、
通常のピストン運動を開始するといいでしょう。

ちなみに、、、、

今回紹介した方法は、
ピストン運動の最中で疲れた時にも使える方法です。

女性が感じている状態をキープしながら、
ちょっとだけ休憩することができます。

亀頭への刺激が小さくて射精感が高まりにくいので、
早漏気味の男性にとっても役立つと思います。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。