Close

ポルチオで女性を感じさせる簡単な方法

proti3tama

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

女性をポルチオで感じさせる方法は後ほど紹介しますが、
その前にポルチオについてのトリビアがあります。

最近知ったのですが、、、、

「ポルチオ性感帯」の存在は、
江戸時代中期には知られていたようです。

AVなどで「ポルチオ」という言葉を聞くようになったのは、
せいぜい10〜15年くらい前からだと思います。

ですので、そんなに昔から知られていたのかと
かなり驚きました。

女性には3つの玉がある??

江戸時代に書かれたセックスのハウツー本(?)の1つに、
「女性の膣の奥には3つの玉がある」
とはっきり書かれています。

そして、その3つの玉というのが、
どうやらポルチオのことなのだとか。

どういうことかというと、、、、

ペニスを膣の奥に挿入すると、
亀頭がポルチオに当たります。

この時に、
亀頭の上に3つの玉がのるような感触があることから、
そう言われるようになったのだそうです。

3つの玉と言われてもピンときませんが、
確かに、亀頭の上にポルチオがのってる感触は分かるかも!

ポルチオ性感帯で女性が感じる仕組み

ポルチオが子宮の入口の部分だということは、
あなたもすでにご存知かもしれません。

そもそも、子宮は靭帯で、
お腹に宙吊りになるようにして支えられています。

だからこそ、
ペニスを挿入して奥まで押し込むと、
亀頭の上にポルチオがのるような感触があるんですね。

で、ここからが大事なのですが、、、

女性をポルチオで感じさせるには、
表面だけを刺激しても意味がありません。

子宮全体を揺さぶるように刺激して初めて、
何度も連続でイキまくるような、
ポルチオ本来の快感を与えることができます。

そこで、子宮を揺らして女性を感じさせる方法を
ご紹介したいと思います。

子宮を揺らして女性を感じさせる方法

分かりやすいように、
ペニスではなく、指を使ったやり方を紹介します。

指を女性の膣に置くまで挿入したら、
お腹側の膣壁を指先で押すようにして刺激します。

この時、指がポルチオにピッタリ当たってなくても、
その周辺を押していれば、子宮を揺らすことができます。

特に、女性が四つん這いになった体勢が、
子宮を揺らすという感触が分かりやすいと思います。

もちろん、これで女性がイケるかどうかは、
開発度合いによって変わってきます。

もしあなたの彼女が開発が進んでない状態なら、
まずはポルチオを揺らすという感覚に
慣れさせるところから始めるといいと思います。

…。

しかし、改めて考えても、
江戸時代とポルチオという言葉のイメージが
頭の中で結びつきません(笑

もちろん、当時は別の呼び名があったのだと思いますが。

ともあれ、ポルチオを刺激すると、
女性が強い間関を感じることができると、
昔から知られていたんですね。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。