Close

ヤりたいという本能に忠実に生きろ!!

あなたは、本能に忠実に
女性とヤりまくってますか?

どうでしょうか?

「長寺さん、あなたにとって、
女性とヤルことが全てですか?」

と聞かれたら、、、、

「そうですよ。だって男ですから」
と答えるようにしています。

例えば、
サバンナのライオンに、

「もう他の動物を襲うのはやめて、
シマウマみたいに草を食べたらどうですか?」

とは言わないですよね。

肉食動物にとっては、
狩りをして他の動物の肉を食べるのは、
当たり前のことです。

だから、そこに疑問を持っては
いけないように思います。

先日、撮影でお会いした
AV男優の森林原人さんが
興味深い話をされていました。

簡単にまとめるとこんな感じです。
↓↓

———————————

セックスで素直に自分を
表現できなくなってる男性が意外と多い。

特に、
周りの人から「先生」と呼ばれるような
固い仕事を長年続けていると、、、、

仕事以外の時でも
「マジメな自分」のイメージが
プライベートでも離れなくなることがある。

そして、セックスにも夢中になれなくなって、
次第に回数が減ってしまい、、、

セックスに必要な体の機能まで
衰え始めてしまう。

———————————

本能に逆らって、
不自然な生き方をしていると、
どこかに歪みが出てくるのかもしれません。

私もこの話を聞いて、
自分の場合はどうかを考えてみました。

最近はそんなことありませんが、
過去には自分を抑えてしまった経験もあります。

例えば、

「今、セックスに誘っても、
断られてしまうのではないか」

「こんなことをしたら
嫌がられるのではないか」

と思うことって、
男性なら誰でもありますよね。

だからといって、それを怖がって、
自分を抑えこんでしまう必要はないのです。

もちろん、
相手を無視して何をやってもいい
というわけではありません。

自分が気持ち良いだけでなく、
相手の女性と一緒に気持ちよくなれるセックス、、、

それを目指していきましょう。

 

ー長寺忠浩
執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。