Close

ローションに頼るのはセックスが下手な証拠??

これはアメリカで実際にあった事件。

ある夫婦はいつもベッドの脇に
ローションを置いていました。

しかし、
その日は何を間違ったのか、、、、

夫が暗がりで、
ローションの隣に置いてあった
瞬間接着剤をたっぷりと手にとって、、、、

自分のペニスを握ってしまいました。

そして、手の平とペニスが
ぴったりくっついて離れなくなってしまい、
そのまま救急病棟に運ばれたそうです。

……。

ひえー、怖い!

この話を最初に聞いたとき、
ちょっと笑いそうになりましたが、、、

リアルに想像したら、
全然、笑えません。

タマがヒュンってなりました。

その後、
無事に剥がれたのか、
気になるところです。

それはともかく、
夫婦の寝室であれば、、、

すぐに手がとどくところに
ローションを置いておくのは大正解。
(もちろん、接着剤は要りませんが)

というのも、時々、、、

「ローションに頼るのは、
セックスが下手な証拠」

と思ってる男性がいます。

ですが、
そんなことは絶対にありません。

そもそも、女性の濡れやすさは、
体質によるところが大きいです。

どんなに感じていても、
あまり濡れない女性はいます。

つまり、男性のテクニックと
女性の濡れやすさは別問題なのです。

変な意地を張って、
あまり膣が濡れていないのに、
ローションなしでペニスを挿入すると、、、

女性に痛みを感じさせてしまうことに
なりかねません。

そういう意味では、
ローションを使って濡れ具合を
コントロールできる男性の方が、
よほどテクニシャンだと言えますね。

ちなみに、、、、

逆に、
濡れすぎる女性もいます。

男性からすると、滑りが良すぎて、
「膣が緩い」と感じてしまうこともあります。

そんな場合は、
一度ペニスを抜いてから、
タオルなどで拭くといいでしょう。

そうすることで、
適度な刺激が感じられるようになります。

女性が、
濡れにくい場合でも、
濡れすぎる場合でも、

調整してあげることが大切です。

必要だと思ったら、
遠慮無くローションを使ってみてください。

その方が、
お互いに気持ちいいセックスを
楽しめるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。