Close

会陰に振動を届けやすくする方法

“Gスポットやポルチオなど、いろいろやってみたけどそろそろ新しい刺激を女性に与えてみたい、、、”

あなたはそう思ったことがありませんか?

「新たな性感帯を開発したい」という男性は多いと思います。そこで今日は、久しぶりに会陰愛撫のお話をします。

会陰は、感じ方に個人差がありますので、軽く試す程度のものですが、うまく快感にはまると、新しい性感帯になるかもしれません。

性感帯の交差点、、、?

会陰自体は、そんなに珍しくもない性感帯ですが、誰もが感じやすい場所というわけではありません。そのせいか、あまり積極的に攻められることもない場所です。

ただ、会陰のメカニズムを知って、それに合わせた攻め方をすれば快感を与えられる可能性のある場所です。この機会に試してみてはいかがでしょうか。

「会陰」とは、膣口と肛門の間のライン上の部分のことを言います。ここは、肛門括約筋が、肛門と女性器を8の字に結ぶラインが通っていて、ちょうど結び目の部分にあたります。

 

奥にある性感帯に振動を伝えて、、、

会陰は、押すことで快感を感じやすいといわれる場所です。そのメカニズムは、皮膚の下に、圧力を快感として受け取る「パチニ小体」が広がっているためと考えられています。

一方で、体内に張り巡らされいるクリトリスもこの付近まで延びています。

はっきりしたことはよくわかっていませんが、8の字筋を押すことで、この体内クリトリスも刺激を受けるため、快感を感じるという説もあります。体内の深い部分にある性感帯ですので、押すことに反応しますが、振動させる愛撫も有効です。

今日は、体勢を変えることで、振動を届きやすくする愛撫のやり方を解説します。

 

体を起こしたまま、指で振動を与える

手マンテクニックの手順

ステップ1.女性を椅子に座らせ、少し脚を開かせます。

女性の体を起こした体勢の方が有利だからです。

ステップ2.男性がその後ろに、密着した状態になって座ります。

女性の後から手を回して会陰を愛撫するためです。

ステップ3.会陰に中指をあて、振動を与えます。
手首だけを動かすのではなく、肘から先を使って振動させます。

 

ポイント

女性の体を起こすことで、血流が下がり、会陰に集まりやすくなります。血流がよくなると、感度が上がりやすくなると言われています。

また、8の字筋や、体内クリトリスも下がってくるので、指からの振動が伝わりやすくなると考えられます。

指先は濡らしておかなくても大丈夫ですが、濡らしておく方が、女性がより安心できる場合もあります。

 

まとめ

会陰を攻めることがなかなか無いように、女性もあまり攻められることはないと思います。また、女性によってはまったく感じない場合もあります。ただ、メカニズムを知ったうえで愛撫すれば、もしかしたらうまくはまって、新たな性感帯になる可能性はあります。軽く試すつもりでやってみてはいかがでしょうか?

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

ルイ
2017年10月17日 22:38

こんばんは^ ^

今日刺激LIFEからブログメールが来ませんでした
宜しくお願いします。

返信
長寺 忠浩
2017年10月18日 23:44

ルイさん、いつもありがとうございます。
すみません。確認してみますので、お手数ですが、電話070-6513-4462、またはメールyoz99xx@gmail.comへご連絡ください。よろしくお願いします。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。