Close

女性がセックスでわりと興味があること、、、

セックスを盛り上げるために、次のようなプレイがあります。

・女性向けのアダルトグッズを使ってのプレイ
・男性が用意した衣装を着せてのコスプレ・セックス
・ラブホテルでデジカメによるハメ撮り

あなたは、このうち、女性に受け入れられやすいのは、どれだと思いますか、、、?

「アダルトグッズ」を使ったプレイは、ソフトなものであれば、嫌がらないかもしれません。

「コスプレ」好きな女性は、けっこう多いようです。

「ハメ撮り」は、若い子ほど、抵抗なく受け入れたりする傾向があるみたいです。

どれも、女性の性格や好みの問題ですので、断言はできませんが、比較的、受け入れられやすいのは「アダルトグッズを使ったプレイ」のようです。

アダルトグッズに興味を持つ女性は多い!?

「アダルトグッズ」を使うのは、ちょっと変態的な雰囲気がしますよね。でも意外と、アダルトグッズに興味を持つ女性は多いようです。(もちろん、嫌いな女性もいますが、、、)この時、女性は、即答してOKはしませんが、おそらくそれは、男性に「アダルトグッズに興味があると思われたくない」からだと思います。

そんな女性の心理を知っておいた上で、アダルトグッズを使う流れに持っていけば、比較的すんなり受け入れてくれると思います。

 

どのアダルトグッズを使えばいいのか、、、!?

女性の、性への探究心によってアダルトグッズへの興味の度合いは変わってきます。どんな女性に、どんなアダルトグッズを使えばいいか、あなたは迷ってしまうと思います。そんな時に目安にするといいものがあります。それは、 “セックスの経験値”です。

この後、女性を「セックスの経験値」ごとに分類して、それぞれお薦めのアダルトグッズを紹介します。

1.セックスの経験値が低い女性には、、、

「ローター」

クリトリスや乳首に振動の刺激を与える、シンプルなアダルトグッズです。もしかしたら女性は既に持っているかもしれませんが、「男性にローターで愛撫される」、というのは、興奮度もまた違ってくるようです。男性は、2つのローターを同時に使ったり、ローターと指と舌で、同時に3ヶ所攻めしてみてもいいと思います。

 

2.セックスの経験値が標準の女性には、、、

「バイブ」

バイブは、ペニスにはない、「振動」と「回転」の動きを女性に与えることができます。また、奥に当てておくだけでポルチオに振動を与えることができます。セックスの経験値が標準の女性になると、中イキの快感をわかってくる女性も多くなる場合がありますので、バイブをプレイに取り入れると、セックスの幅も広がると思います。

 

3.セックスの経験値が高い女性には、、、

「多機能グッズ」

アダルトグッズのバリエーションは、実に多く、多機能な物もたくさん存在します。

・見た目がインテリアにしか見えないバイブ
・高速ピストンバイブ
・乳首とクリを同時に吸着しながら刺激を与えることができるもの
・アナル開発グッズ

これらはほんの一例です。

 

ポイント

アダルトグッズのメリットは、

・「振動」の動きを与えることができる
・男性が疲れない
・一定の刺激を与え続けることができる

という点です。
最近は、ネットで気軽に購入することができますから、セックスの経験値が低い女性でも、バイブまで使ったことがあるかもしれませんね。

 

まとめ

アダルトグッズだけを使ったセックスをしていると、「振動」や「一定の刺激」など、人間にできないことができるアダルトグッズの方が、女性にとって魅力的になってしまう危険性もありますので、使いすぎには気を付けましょう。

もしあなたがアダルトグッズを使う時は、同時に、指や舌やペニスを使えば、アダルトグッズ以上の快感を与えることができるはずです。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

佐々木
2017年7月22日 2:46

勉強になりました。わかりやすかったです。

返信
長寺 忠浩
2017年11月24日 18:43

佐々木さん、いつもコメントありがとうございます。
そう言っていただけると、やりがいがあります。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。