Close

女性が奉仕されてると実感できるクンニの4つの体勢

ashitojikunni

こんばんは「刺激LIFE」の長寺です。

クンニをする時に大事なのは、
男性に尽くされていると女性が実感できることです。

そして、女性がそんな風に感じることができるかは、、、、

クンニの体勢で決まります。

そこで今日は、
女性が奉仕されてると実感できるクンニの体勢
4つご紹介したいと思います。

体勢1:足を閉じたまま行うクンニ

女性に仰向けになってもらいます。
足は閉じたままで構いません。

女性の太ももの内側や、
ヒザから陰毛が生えているあたりまで、
舌が相手の皮膚から離れないように気をつけて
ゆっくりと舐めて下さい。

足を開かないで行うことが出来るので、
恥ずかしがり屋だったり、
経験が少なかったりする女性にも、
受け入れられやすいです。

体勢2:騎乗位のクンニ

まず、あなたが仰向けになります。
つぎに、女性があなたの胸の上にまたがります。
女性に、四つん這いの格好になってもらいます。

彼女のクリトリスや膣に、あなたの舌が届かない場合は、
枕の上に頭を乗せるようにすると、
首を支えずに、舐めることに集中できますよ。

この体勢は、女性が自分で、
刺激のスピードや快感の強さを調整できるので、
好む女性は結構多いです。

恥ずかしがって、なかなかさせてくれない事もありますが、、、
そんなときは、私は素直に、
「君のを舐めたいんだ!!」と言うようにしています。

体勢3:女性立位のクンニ

女性に壁にもたれるようにして、立ってもらいましょう。
男性はひざまずいて、
女性の股間に自分の顔が当たるようにします。

この体勢だと、男性は女性を支える必要が無いので、
両手も自由に使えます

両手を使って、クリトリスの包皮を剥いて、
舌で強く刺激したり、お尻をもみしだいたり、
太ももや腰に軽く歯を立てるのも興奮しますよ。

自分の目で、
あなたが奉仕してくれるのが確認できるので、
相手の女性もとても興奮してくれますよ。

体勢4:椅子を使うクンニ

難しいテクニックなどは必要ありません。
肘掛のある椅子を使いましょう。

女性に、椅子に浅く腰掛けて、
両脚を開いて、肘掛に膝をかけてもらいます。
男性は、床に膝をついてクンニをします。

非常に大胆な格好を取ることと、
手足がうまく使えなくなるので、
最初は嫌がる女性もいます。

ですが、クンニをされることに慣れてきた女性には、
かなり喜ばれますよ。

この体勢も、あなたが奉仕している姿が、
ハッキリ見えるので女性は興奮して濡れてきます

 

いかがでしたか?

クンニというのは、それだけで喜ぶ女性も多いです。
でも、クンニの体勢や場所を変えると、
より一層女性の気分を盛り上げることができます。

あなたもぜひ試してみてください。

PS.
女性によっては、
どうしても性器を舐められるのに抵抗がある、
という人もいます。

そういう場合は、無理強いはしないでくださいね。

女性から求めてくるようなクンニを目指しましょう。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。