Close

女性の快感を倍増させる3つのピストンテクニック

「人間」と「犬」なら、
腰を振るのが上手なのはどちらでしょうか?

さすがに動物と比べるのは、
自分でもどうかと思いましたが、、、、

もしかすると、
腰を振るスピードだけなら、
犬のほうが速いかもしれませんね。

ですが、、、、

どちらが上手いかとなると、
話は別です。

当然、人間の方が、
腰を振るのが上手いと断言できます。

なぜなら、
私達人間は【工夫】できるからです。

どうやったら、
女性がもっと感じてくれるかを考えて、
工夫をこらしながらピストンできます。

例えば、
腰を前後に動かす以外にも、
こんなピストンのやり方があります、、、、

 

(1)斜めに動かす

ペニスに少し角度をつけながら、
膣壁に擦り付けるようにして動かす方法です。

ほとんどの男性は、
膣にスムーズに入る角度で、
ピストン運動をしていると思います。

ですが、
わざと斜めにずらして動かすことで、
膣壁への摩擦を強めることができます。

特に効果的なのは、
Gスポットのある膣壁のお腹側や、
左右にある括約筋など。

ペニスのカリで引っ掛けるようにして
引くのを意識して動かしましょう。

 

(2)押しこむ

擦るのではなく、
ペニスの先端で押すようにして、
圧迫刺激を与える方法です。

特に、Gスポットやポルチオを
狙ってグイッと押しこむように
するといいでしょう。

2~3秒ほど押したら、
少し力を抜いて、
また2~3秒ほど押すなど、
リズミカルに動かしていきます。

女性の性感が高まってからやると
特に良い反応が得られます。

 

(3)回転させる

ペニスを根本まで挿入して、
腰で円を描くように動かす方法です。

ペニスの竿で、
膣壁をグルリと刺激できます。

特定のスポットではなく、
膣内全体を摩擦刺激できるという
特徴があります。

少し複雑な動きに思えますが、
意外と疲れにくいです。

それに、男性にとっては、
射精感が出にくいという
メリットもあります。

 

いかがだったでしょうか?

今回紹介した、
3つのピストンテクニックは、
もしかしたらどれも定番だったかもしれません。

もちろん、
このやり方が一番良いということはなく、
使う体位や相手の女性によって変わってきます。

あなたの彼女はどれが気に入るか、
ぜひ工夫しながら探ってみてください。

 

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。