Close

女性の性感スイッチを入れるほぐしマッサージテクニックとは

massatriger

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

「ほぐしは快感のトリガーなんだ!!」
これは知人のカリスマ指圧師の名言です。

「トリガー、、、?」

私はお恥ずかしいながらに、
その横文字の意味がわかりませんでした。

「そうですね。」
とその場では賛同しておきながら、
知人がトイレに行った時に辞書で調べました。

「トリガー、、、、」

それは鳥でも何でもなく、
「引き金」という意味でした。

話を聞いてみれば、
「整体師のほぐし技術は、女性をその気にさせる引き金になる」
とのことです。

女性には必ず生理が来るし、
毎日ヒールを履いたりお洒落にも気を使っているので
体全身は凝り固まっていて疲れているんだと。。。。

その心の隙間にうまく入り込んで、
「今日は疲れているだろうから、
マッサージだけしてあげるよ。」

と言って、
あとは「ほぐす」だけ。。。
それでセックススイッチが一気に入るそうです。

性感に火をつけるそのほぐしマッサージテクとは、、、
意外と簡単な内容だったので
ここでシェアします。

女性の性感スイッチを入れるほぐしマッサージテクニック

女性をうつ伏せの上体にしてからスタートします。

相手の顔が見えない状況の中、
「これから何をされるのかわからない」というドギマギ感が
興奮材料にもなってくれます。

両手の親指の腹で
肩甲骨に沿って
上から下へとマッサージしていきます。

肩甲骨を刺激することで胸の血行がよくなり、
乳首がどんどん敏感になっていきます。

肩甲骨をよくほぐしたら、
お尻と脚の境目に掌を重ねてから体重をかけます。

この時、
適度に重心をかけるのがポイントです。

両方の境目を万遍なく押したら、
太ももの裏を掌全体でやさしく
円を描くようにマッサージします。

これによって、
リンパの流れがよくなり、
女性の下半身が敏感になっていきます。

次に、女性の脚を少し開かせて、
足首から膣に向けての内側のラインを
ソフトタッチでさするようにマッサージします。

内股をやさしく刺激することで、
ホルモンの代謝が活性化されて、
代謝が良くなった膣内は濡れやすくなります。

ここで、
最後の焦らしテクである腰マッサージの登場です。

女性器には触れないまま
両手の掌を重ねて
腰をほぐすようにマッサージしていきます。

その後は女性の上でにうま乗りになり、
腰から背中、さらに肩甲骨と
ソフトにマッサージしながらキスしましょう。

女性器に触れそうで触れない飛ばしテクが、
女性を焦らして興奮させるので、、
直接アソコに触れてほしいという願望を強くします。

以上が、
「女性の性感スイッチを入れるほぐしマッサージテクニック」
でした。

気持ちいいマッサージを受けると、
どんなセックスでも受け入れたくなるようです。

下手なホルモン剤より、
効くかもしれませんね。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

ピグモン
2015年9月8日 21:26

なるほど良いかも知れません。

返信
うゆぉ
2015年9月8日 22:22

図解してくださいね

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。