Close

女性をバックで徹底的に感じさせる5つのポイント

backckckc

「刺激LIFE」の長寺です。

今回は、女性をバックで感じさせるための
5つのポイントをご紹介します。

バックというと定番の体位の1つだと思いますが、
女性をたっぷり感じさせるにはコツがあります。

ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:欲望を暴走させすぎない

バックという体位は、そもそも征服欲を刺激する物です。

ですが、ソフトなセックスが好きな女性には
気持ちを少しだけ抑える必要があります。

というのも、女性の動きを完全に奪った形のバックは、
恐怖感を与えてしまうことがあるからです、

また、男性の腰の動きが激しすぎると、
女性に負担がかかりすぎてしまいます。

バックは顔が見えにくい体位ですので、
相手の女性の表情がわからないこともあります。

自分のプレイが激しすぎないかを、
時々、冷静にチェックするといいでしょう。

ポイント2:異物感を与えない挿入角度

そもそもバックは他の体位と違って、
ペニスの表と裏が、逆になる形で膣に入ります。

そのため、女性が異物感を強く感じることがあります。

そうならないためには、
女性のおなか側寄りにの角度を意識してペニスを挿入しましょう。

それだけで女性が感じる快感はアップするはずです。

角度をほんの少し変えてみることで、女性に苦痛を与えずに
お互い気持ちよくなれます。

ポイント3:女性の好みに合わせた挿入の深さで

奥を突かれるのが好きという女性には、
お尻を高く突き出してもらって挿入します。

高い角度からだと、体重をかけた挿入ができるので
強い快感を与えることができます。

ですが、同時に女性の腰に負担も与えるので
激しい衝撃を加えないようにしましょう。

一方、浅い挿入が好きな女性には、
女性に脚を閉じてもらった状態で挿入するといいでしょう。

そうすることで、挿入すると浅く入る形になります。

女性がもっとも感じる深さを見つけて、
そのポイントを集中的に刺激してみてください。

ポイント4:早漏気味の場合は…

早漏気味の方向けにバックで使える
ちょっとしたテクニックがあります。

通常のバックではなく「寝バック」を使います。

つまり、四つん這いになった女性に後ろから挿入した後、
そのまま女性がうつ伏せに寝るような姿勢になってもらいます。

寝バックだと、女性のお尻の肉に挟まれるので、
腰の動きも小さなものになります。

そのためペニスへの刺激も小さくなって、
セックスを長く楽しめるようになるはずです。

ポイント5:身長差がある場合は…

男女間で身長差が大きい場合は要注意です。

男女の腰の高さが合わないと、
挿入時に得られる快感が少なくなってしまうからです。

ですが、互いの腰の高低差を減らすことで
スムーズなバックが出来るようになります。

男性の身長が高い場合は、
女性のお尻の位置に自分の腰の位置を合わせます。

普通は、男性が脚を広げれば腰の位置が合うようになりますが、
身長が高い男性の場合がこうすると、拡げる角度が大きすぎて
踏ん張ることが難しいです。

そこで、逆に女性の腰の位置を高くします。

女性にベッドやソファに乗ってもらうと、
無理なく腰の位置が合います。

女性の身長が高い場合も同じで、やはり脚を広げすぎると踏ん張れません。

この時男性がベッドを降りて立ち、
バックの体勢になっている女性に挿入します。

どちらの場合もベッドやいすなどを利用するとバックが無理なく行えます。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。