Close

女性ホルモンの変化にマッチした!4つのセックステクニック

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

「あなたは、生理前の女性が怖いですか?」
私は怖いです。

女子社員の田中景子は
周期によっては「天使」で、
周期によっては「活火山」のようです。

生理前と判断できる週には、
イライラをぶつけてきたり、
厳しく注意すると、泣き出すこともあります。

今日のメールはやや「女性目線」になりますが、
どうかお許しください。。。

しかし、女性の「生態」をよく知ることは
良いセックスをするためにも欠かせませんよね。

そこで私は、
「田中さん、生理ってどんな感じなの?」
と聞いてみました。

普通の会社でこんなことを聞いたら、
そくセクハラ扱いされてしまいますが、
私の場合はこれも「仕事のうち」ですからね。。。

以下、「生理」についての
田中景子による話です。

周期で変わる! 女性の性欲の強さとそれに合ったテクニック

女性の「身体の状態」や「感度」は
女性ホルモンの分泌周期によって変わります。

普段は大人しい女性が、
PMS(生理前症候群)のせいで怒りっぽくなるのを
あなたも見たことがあると思います。

ホルモン周期によって
人格が変わってしまうのですから、
感度にも大きな変化があります。

周期によっては、
女性はストレスを抱え込みやすくなり、
セックスしても快感が得られないこともしばしば。。。

解決策としては、
「あなたが女性ホルモンの変化に合わせた
セックスをすること」です。

そうすれば、、、
ホルモンの影響をモロ受けずに、
心地よいセックスに導くことができるでしょう。

あなたに自分の体調を理解されるだけでも、
女性はたちまち嬉しくなって愛情を感じ、
リラックスした状態でセックスに挑めます。

さらにオキシトシンも分泌されるので
セックスでの快感もアップさせられます。

今回は、
「女性ホルモンの変化にマッチした!4つのセックステクニック」
ご紹介できればと思います。

1周期(生理中):「愛情たっぷりタッチセラピー」

あなたもご存知かとは思いますが、
生理開始の1日目から7日目は
女性にとって毒を抜くための時間です。

後半からは調子が良くなる女性もいますが、
生理4日目までは、
ほとんどの女性がドン底状態です。

生理中のセックスはもちろんNGですが、
スキンシップやマッサージをしてあげることで
次のセックスに大きな効果をうみます。

女性をうつ伏せにした状態にして
太ももの付け根周辺を
両手の掌で回すようにほぐしていきます。

次に、
両手の掌に体重を少しかけるようにして、
腰周辺から肩に向かってマッサージしていきます。

ポイントは、背骨に沿って
両手の親指の腹で押していくこと。

指の腹でゆっくりと圧を加えるように、
腰から背中へとほぐしましょう。

アロマオイルを使ってマッサージすれば
よりリラックスさせることができます。

2周期(発散期):「松葉くずしで大胆なセックス!」

生理もとっくに終えた8日目から14日目は
心身共にかなりハッピーな状態です。

性欲をつかさどるエストロゲンにより、
女性の性欲は強くなります。

生理という名の「毒」を抜いたばかりの女性は
とにかく気持ちが前向きになっているので
セックスにも積極的になれます。

こんなときこそ、
普段やらないような大胆な体位で攻めると
女性の興奮と感度はピークに達するかもしれません。

たとえば松葉くずしは、
ややアクロバティックな体位と思われがちですが、
難しい体位ほど興奮度が高まるというデータもあります。

松葉くずしのやり方について
こちらの記事でも紹介しています。

3周期(マンネリ期):「拘束プレイやコスプレで刺激的なセックス!」

15日目から21日目は
可もなく不可もない状態です。

プロゲステロンが分泌され始めるので
精神的にイライラ感が募る女性もいます。

「感度」が落ちている周期なので
こんなときに役に立つのが
非日常な演出によるセックスです。

あなたのネクタイで
女性の両手や両脚を拘束して愛撫したり、
「コスプレ」や「なりきりプレイ」で盛り上げましょう。

女性を拘束したまま、
耳全体をソフトに舐めたり言葉攻めするのも効果的。

非日常な刺激を与えることで、
「ドーパミン」が活性化されて
女性に高揚感を与えることができます。

シチュエーションプレイについては、
こちらの記事でも解説しています。

4周期(イライラ期):「騎乗位と座位のコンビネーションでストレス発散!」

22日目から28日目は、
気落ちしたり、イライラしたりと
PMSの症状が出やすい時期です。

しかし一方で、男性ホルモンが影響して
生理直前で性欲が強くなる女性もいます。

4周期目は。
女性が日ごろから溜め込んだストレスを
一気に発散できる騎乗位が効果的。

女性の足裏をベッドにつけてもらった状態で、
欲のままに腰を動かしてもらいましょう。

女性がある程度感じてきたら、
ペニスを挿入したまま
今度は座位になります。

恥骨と胸を合わせるように抱き合い、
時々ペニスをグリグリと動かします。

同時に深くキスしたり、見つめ合うなどして
愛の言葉をかけましょう。

騎乗位でハッスルした後に
肌の密着の多い座位になることで
愛情と安らぎの両方を与えられます。

こちらで座位についての記事を書いているので、
合わせて参考にしてみてください。

以上が、
女性ホルモンの変化にマッチした!4つのセックステクニック
でした。

女性がセックスに気まぐれだったり
情緒不安定なときも
焦らずに対処できたらいいですね。

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。