Close

子宮に響く性感帯・へそを愛撫するセックステクニック

img_2979_r

へそそのものも重要なのですが、実は、すぐ近くに効果的な場所があることは
あまり知られていません。

実は、へその周辺はリンパの集合体で、性感のツボも多く存在しています。

そう、実は盲点ではあったのですが、 へその周辺も立派な性感帯のひとつだったのです!!

へその近くにある性感ツボ「陰交」

へそ周辺のツボでも効果が高いと言われているのは、へその下から指の幅一本分くらいの場所にある「陰交」というツボです。

子宮や子宮頸部に繋がるツボで、新陳代謝を高めて血流を良くしてくれます。
その結果、膣内の感度は驚くほど向上します。

ほとんど性感帯!へそと

陰交だけでなく、へそそのものもほぼ性感帯と言えるかもしれません。

へそを刺激するとわかりますけど、お腹の他の部分よりは、刺激に敏感に反応しますよね?他の部分よりも広範囲に刺激が伝わるのがわかるでしょうか。

その拡がる刺激が、子宮や女性器を刺激するので、へそ愛撫をすることで、間接的に女性器にも快感を与えることができるのです。

ですから、へそと陰交をバランスよく愛撫し続けると、それだけで性感を与えることが可能になります。

手順

ステップ1.脇から舐め下ろしていきます。

img_2973_r

脇から腰に舌を這わせた後、 肋骨までチロチロと舌先を使って舐めていきます。

ステップ2.へそ周りを舐め回します。

img_2978_r

img_2979_r

img_2981_r

肋骨からへそまで舌を移動させ 、へその周りをゆっくりと舐め回します。
グルリと一周させます。特に陰交の付近を重点的に刺激しましょう。

ステップ3.へそを直接舐めます。

img_2993_r img_2996_r

へその穴のふちを舌先で舐めた後、直接へその穴に舌先をねじ込みそのままゆっくりと舐めましょう。 腹筋の収縮が子宮にも伝わりますので、じっくり続けると性感を与えることができます。

ステップ4.ペニス挿入中にへそ愛撫をします。

img_3013_r

騎乗位でペニスを挿入し、 軽くそろえた人指し指と中指で陰交の付近を揉むように愛撫します。 その時、軽く振動を加えるように刺激すると快感が増幅されて激しい反応をしめします。

ポイント

つい見落としがちになりますが、 へその周辺はとても感度の高い性感帯です。それだけでも性感を感じさせられる場所なので覚えておくと良いでしょう。

ちなみに蛇足ですが、、、
女性のへそと本人の子宮は、つながってはいません。
つながってたのは、お母さんの子宮です。

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。