Close

対面座位でのスムーズな腰の動かし方3パターン

taimennzainad

「刺激LIFE」の長寺です。

対面座位は、体の密着感も高くて、
女性にも好まれる体位です。

ただし、ピストン運動をやりにくい体位なのも事実。

どう動けばいいか分からずに、
抱きあうだけでお茶を濁している方もいるかもしれません。

そこで、対面座位での動き方のコツを3つご紹介します。

小さく前後運動

対面座位でぴったりと抱き合った状態では、
大きなピストン運動をするのは難しいです。

ですので、腰を小さく前後に動かすようにします。

動き自体は小さくても、
自分の恥骨が女性のクリトリスに当たるようにすると、
女性をオーガズムに導くこともできます。

なお、「筋肉の負担を最小化する3つのテクニック」でも
1つ目に紹介しましたが、、、、

ベッドの上なら、スプリングの反動を利用して、
上下に動くこともできます。

場面に応じて使い分けてみてください。

擦り付ける回転運動

ピストン運動するのではなく、
腰をグラインド(回転)させて、
女性器の外側をペニスの根本で擦るやり方もあります。

このやり方も女性に快感を与えやすいので、
ぜひマスターしておいてください。

女性の腰骨を手で支えると、
動きが安定すると思います。

さらに、女性に協力してもらって、
反対周りに腰を動かしてもらえると、
もっと効果的に刺激することができます。

体を反らせてピストン運動

座位でしっかりとピストン運動をしようと思ったら、
お互いの上半身を離す必要があると思います。

例えば、後ろに手をついて、
上半身を反らせるようにします。

女性にも少し協力してもらう必要はありますが、
ピストン運動を楽しむことはできまるはずです。

ただし、決して動きやすいやり方ではないので、
本格的にピストン運動を続けるのなら、
騎乗位などの別の体位に移行した方がいいかもしれません。

 

以上、対面座位での3つの動き方をご紹介しました。

しっかりと抱き合った状態で、
女性をイカせるのもいいものです。

ぜひ試してみてください。

 

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。