Close

小陰唇の愛撫、何が効果的?

取引先の方とお寿司屋さんに行ってきました。職人さんが仕事する様子をカウンターから見ていたら、他のお客さんが注文したアワビを捌いているところでした。

あれ、ホントに女性器ですよね。しかもねっとり、ウネウネと動いていてかなり卑猥でした。あの、動くビラビラに触発されましたので、今日は小陰唇のお話をします。

ところであなたは、セックスの時、小陰唇をどの程度愛撫していますか、、、?
おそらくほとんどの人は、クリトリスや膣口周辺を目指して、小陰唇はスルーしてしまっているんじゃないでしょうか?

ですが、ちょっと違うやり方をすることで、女性の“ヤル気スイッチ”がオンになるかもしれません。
その方法は、小陰唇に振動を与えることです。

小陰唇への愛撫というと、

舐めたり、口に含んだり、濡れた指で擦ったりすることが一般的です。小陰唇は、クリトリスと皮膚でつながっています。引っ張ったり舐めたりすると、皮膚を通じて、わずかですがクリトリスにその刺激が伝わります。

ですが、振動を伝えるというのはあまりやらないんじゃないでしょうか。

小陰唇に伝えた振動は、そのままクリトリスまで伝わります。もちろん、伝わるのはとても弱い刺激です。ですが、そのわずかな刺激がかえって「クリトリスを刺激して欲しい」という気持ちを呼び起こさせる「焦らし」の効果があります。

もちろん、小陰唇を刺激する際に、舐めたり触ったりするのもいいのですが、今回は、

 

小陰唇に振動を伝える3つの方法

をオススメします。

次の3つの方法があります。

方法1.ローターや電マを使う

方法2.指でトントンする

方法3.舌を小刻みに揺らす

この時のコツは、小陰唇以外の部分に、男性の指や舌、そして身体のどの部分も一切接触させないようにすることです。

男性が触れるのは小陰唇だけ。
そうすると、女性は小陰唇への愛撫に、より集中し、焦らしとともに、興奮度が高まりやすくなっていくからです。

 

男性がそうであるように、

実は女性もオナニーの時、小陰唇はほとんど触らないそうです。

胎児から分かれる時に、男性のタマ袋になったという小陰唇。性感帯というのはわからないでもないですが、男女ともに、もっと感じる場所があるだけに見過ごしがちのようです。

舐めたり、さわったりする愛撫も焦らし効果はありますが、今回のように、「振動」の刺激を与えることで、ヤル気スイッチをオンにしてみてはいかがでしょうか。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

匿名
2018年1月10日 19:56

私はビラビラをよくなめてあげますが
あまり振動を与えた事はありません。
今度のラブデートの時にしてみたいと思います。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。