Close

屈曲位で、一緒にポルチオ開発するために、、、

あなたは、正常位でセックスしてる時、「もうちょっと刺激の欲しい体位に変えたいな」、と思ったことはありませんか?

バックなら野生的で、刺激的でもありますが、体位変換のことを考えると、少し、間が空いてしまうというデメリットがあります。正常位からのスムーズな体位変換を考えると、屈曲位がオススメだと思います。

屈曲位は、

・脚を閉じさせることで、女性器内部が狭くなる
・女性の腰が少し浮くことで、挿入が深くなる

という点で、バックに引けを取らない、野性的で刺激的な体位と言えます。

屈曲位とポルチオの関係

男性にとっても興奮度が上がる体位ですが、張り切ってピストンすると、女性によっては痛がる場合があります。これは、挿入が深くなることで、ペニスが奥まで届きやすくなり、ポルチオに当たりやすくなるからです。

女性が感じてくると、ポルチオは、体内で、下の方に降りてくるようになります。これは、精子を受け取るために子宮が降りてくるという本能的なメカニズムです。この時に、ペニスが当たりやすくなるわけです。

 

ポルチオを痛がる女性と痛がらない女性

女性がポルチオに痛みを感じる場合には、個人差があります。

わかりやすい例で言うと、セックス経験が少なく、ポルチオに接触された経験のない女性ほど、そのような傾向は強くなります。ポルチオは、開発されることで快感を感じることができる性感帯だからです。

そのため、セックス経験が豊富な女性や、年齢を重ねた女性ほど、ポルチオ刺激に対して、快感を感じられる傾向が多く見られるようになります。

ポルチオにペニスをピストンさせる時は、女性のセックス経験値や、年齢も参考にするといいかもしれません。

 

ポルチオの痛みを減らすためにお互いがすべきこと

屈曲位で痛みを感じる女性には、男性は、ペニスを挿入する時、深くピストンするのではなく、ゆっくり挿入します。

そして、ポルチオに当たったら、ぶつけるのではなく、押すようにピストンします。

女性は、痛みに不安がある場合は、足の裏を男性の胸元に押し当ててくるはずです。

足で男性の体を押して、挿入の距離を調節することができるからです。男性の体が離れれば、挿入の深さも浅くなりますので、ポルチオへの直撃を避けることができるようになります。男性も、押されたら、深く挿入しないようにしてください。

こうして、お互いがポルチオへの刺激を調整し合うことで、痛みへの不安感を軽減させていきます。ポルチオの刺激にゆっくり慣れさせていけば、性感帯として開発できるかもしれません。一緒に開発していく気持ちが大事です。

 

まとめ

ポルチオ開発で大切なのは、女性が望むのなら、少しずつ続けていってもいいですが、不安に思うようであれば、無理にポルチオ開発する必要はありません。Gスポットや、膣口など、他の性感帯を開発することもオススメします。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。