Close

女性の性欲を増幅させる催淫アロマ+ツボマッサージ

img_0748_rtop
あなたは「アロマテラピー」をご存知ですか?

「えっ長寺さん。。。何を言ってるんですか。
アナル&手コキーの間違いでしょ」

「そんなオシャレな言葉、長寺さんが知ってるはずない」

と思う方もいると思いますが、、、

なんと!!
「アロマテラピー」です。

女性にとってはすでにメジャーなリラクゼーション法ですが
僕にはあまり馴染みがないものでした。

しかし、アロマテラピーに使うアロマオイルには
『催淫作用』が備わっているものが、とても多いそうです。

ざっと挙げてみると、こんな感じ。

・古代から媚薬として使われていた『イランイラン』
・本能を解放させて性欲を増強する『サンダルウッド』
・緊張感をほぐしてセックスに没頭しやすくする『ジャスミン』
・女性ホルモンの分泌を促す『ローズオットー』

代表的なこの4つのアロマ以外にも
数十種類のアロマオイルが
性欲の増強や、感度をアップさせる効力を持っています。

ディフューザーなどでベッドルームに香りを拡散させながら
セックスするだけでも、性感度は確実に高まります。

さらなる効果を期待するなら
アロマオイルを使ったマッサージがオススメです。

オイルを体に塗ると、その成分が直接触れるので
焚くだけよりも効果的です。

というわけで今日は、
女性の性欲を増幅させ、感度をアップしてくれる
アロママッサージの方法をあなたにお伝えしたいと思います。

催淫アロマ+性感ツボマッサージ

マッサージを始める前に
アロマオイルを希釈用のオイル
(ホホバオイル・アーモンドオイルなど)に混ぜて
濃度が1%以下のマッサージオイルを作っておきます。

よりよく作用させたい場合は
気分的にリラックスし、血行も良くなっている入浴後に行いましょう。

手順
1.マッサージオイルを適量手のひらに取り
体温でオイルを温めます。
img_0737_r

2.女性をうつぶせにさせて
体の背面全体に薄くオイルを塗ります。
img_0416_r

3.背骨にそって左右の親指を使い、
首のつけねから下半身の方向にゆっくりと押していきます。
img_0470_r
img_0487_r

4.へその裏側まできたら
へそから親指一本ほど離れた左右の場所を親指で押します。
5秒キープしたら力を緩めるを10回繰り返します。
img_0517_r
img_0449_r

5.腰とお尻の境目部分まできたら
仙骨という平べったい骨のあたりを両手の握りこぶしで押します。
5秒キープしたら力を緩めるを10回繰り返します。
img_0597_rdot
img_0628_r

6.仕上げとして肩と背中全体を、親指の根元の肉厚な部分で
円を描くようにマッサージしていきます。
img_0687_r

ポイント

ポイントは、へその裏側のツボ・腎愈(じんゆ)、
腰骨のツボ・八りょう穴をしっかりと押して刺激すること。

腎愈(じんゆ)は子宮内の血流をよくする”中イキのツボ”で
八りょう穴はクリトリスに血液を集める”クリ勃起のツボ”
と言われています。

催淫アロマの効果と併せて
じゅうぶんに感度が高まった状態で
セックスを始められるでしょう。

あなたの愛撫にも、いつもの数倍は
良い反応を返してくれるはず。

「男がアロマテラピーなんて…」だなんて気後れせず
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。