Close

意外にも恥骨も立派な性感帯だった、、、!?

img_4834_r

女性器を攻めるとき、ついクリトリスやGスポットにばかり気が向いてしまいますが、今回は「恥骨」を攻める話です。

「恥骨なんて、“骨”ですよ、長寺さん、、、」

そうです。今回はその「骨」に焦点を当てます。はたして「骨」が性感帯だったり、ここでイケちゃうとかあるんでしょうか、、、?
残念ながらありません。しかし、恥骨は性感を高めるのに意外に知られていない場所だったんです。恥骨を刺激することによって

・普段触られることがないところを触られ、次への期待感が生まれる
・新鮮な刺激として、脳が「性感帯」としての感受性を高める

などの効果があるからです。しかし他にもまだ理由があります。その理由を説明する前に、まずクリトリスの話をしましょう。

クリトリスは、「包皮の下にあるほんの数ミリの突起物」というのが一般的な認識ですが、実際は体内にほとんどの部分が広がっており、表面に出ているのは、ほんの一部なのです。その本体は、恥骨の下から尿道付近を通り、さらには肛門のほうまで広がっています。

ここで、「恥骨の下」という言葉が出てきました。恥骨を刺激するということは、その深層部にあるクリトリスの本体に少なからず刺激を与えているわけです。だから恥骨への刺激が有効なんです。

今回は、この「恥骨」を刺激して性感を高め、セックスへとスムーズにつなげていくための愛撫を勉強していきましょう。

手の位置はクリトリスより少し上に、、、

恥骨を刺激する際、クリトリスが近いので一緒に刺激することもできるのですが、まずは恥骨のみを刺激することとします。
クリトリスに直接当てるのはもっと後の方でもいいです。最初は少しずらした位置から始めましょう。

手の平の付け根を使ってバイブレーションを!

セックステクニックの手順

ステップ1.陰毛の上に指2本を押し当て、恥骨めがけて振動を与えます。
img_4911_r

男性は、女性の上半身側から手を当てるほうがやりやすいです。バイブレーションは縦方向です。

ステップ2.男性が女性の脚の間に入り、恥骨に向かって手の平の付け根の硬い部分を押し当てます。
img_4919_r img_4918_r
指は広げていても閉じていてもどちらでもOKです。やりやすいほうでやってください。

ステップ3.手の平の付け根はクリトリスの少し上の方に押し当て、支点として固定してください。
img_4929_r
女性が寝た状態の時、恥骨は斜め45度の角度になります。手の平の角度もそれに合わせて少し起こしてください。

 ステップ4.固定したまま、手の平の付け根を中心にバイブレーションを加えます。
img_4932_r
イメージは体の中に向かって。体内のクリトリス本体から子宮までめがけて振動を送ってください。

ステップ5.手の平の付け根を固定したまま、指先をワイパーのようなイメージで左右に小刻みに震わせます。
img_4942_r img_4943_r

指先を少し曲げたほうがやりやすいです。

ポイント

振動させるときは、つい力が入ってしまうことがありますので力加減に注意してください。「痛い」と感じたら高まった性感も一気に冷めてしまいますので。

今回は、恥骨の刺激で徐々に性感を高めることが目的でしたのでここまでとしますが、このまま手の平の付け根をクリトリスの上に当ててクリトリスにバイブレーションを加える愛撫に、移行してもOKです。

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。