Close

感じにくい体位で感じさせる方法

IMG_5906_R

男性が好きな体位と、女性が好きな体位には差があります。例えば、女性は“愛される安心感”から正常位を好み、男性は“征服を想起する興奮度”からバックを好みます。女性は「感覚」で捉え、男性は「視覚」で捉えているわけです。そしてもちろん、気持ちいいことも重要です。

女性が快感を得やすい体位には、2つの要素あります。

1つめの要素は、クリトリスに刺激があることです。

例えば正常位の場合、男性の恥骨がクリトリスに当たることで、挿入と同時にクリトリスの快感を味わうことができます。バックの時だと、一見、クリトリスは関係無いように思えますが、実は男性の陰嚢がクリトリスに当たることで快感を感じています。

このように、女性にとって「気持ちいい体位」というのは、“クリトリスにも刺激が伝わる体位”とも言えます。そう考えた場合、女性にとって感じにくい体位があります。それは、「背面座位」です。

これは、クリトリスの位置が男性から完全に離れてしまっているのでいくらピストンしても物足りなさを感じてしまいます。

そして2つめの要素は、“女性が疲れないこと”です。

女性の場合、自分が動くと快感に集中できません。騎乗位に限り、自分の意思でクリトリスを擦り付けることができますので例外となりますが、それでもアウトな騎乗位があります。それが、「スクワット騎乗位」です。

これは、女性がしゃがんだ体勢で挿入し、男性に対してスクワットのようにピストン運動をする体位ですが、女性は自分で動かなければならないのでただ疲れます。クリトリスを擦り付けて感じる余裕もまったくない、女性に優しくない体位です。

この2つは女性が感じにくい、ということより、「女性に評判の悪い体位」として覚えておくといいでしょう。

感じにくい体位で感じさせる方法は、、、?

しかし、視覚から興奮する“ビジュアル系重視”の男性からすると、この2つの体位を敬遠するのはもったいないと思いませんか?
そこで、この体位で女性に満足してもらえるのであれば文句は無いはずです。

課題は2つです。

・背面座位でクリトリスを感じさせる
・スクワット騎乗位で女性を疲れさせない

それでは具体的な解説に行ってみましょう。

まずは1つめからいきます。

背面座位でクリトリスを感じさせる方法

セックステクニックの手順

ステップ1.ベッドの上で男性は両脚を伸ばして手を後ろに付いて座ります。
IMG_5899_R
あとであぐらをかいた体制になりますが、最初の挿入時はこの体勢のほうがやりやすいです。

ステップ2.女性は後ろ向きになり、座りながら男性のペニスを挿入します。
IMG_5902_R
IMG_5904_R
女性がしゃがみながら挿入し、膝を付きます。

ステップ3.合体したら、男性はあぐらをかき、女性は腰を反らせて同じくあぐらをかきます。
IMG_5906_R
この時、ペニスが抜けないように慎重に行動してください。

ステップ4.女性に目をつぶってもらい、乳首周りをフェザータッチします。
IMG_5910_R
目をつぶらせることで、余計な情報をシャットアウトし、男性の愛撫にのみ集中させることができます。

ステップ5.クリトリスを濡れた指で愛撫しながら、女性の腰全体を回したり前後に動かすように揺さぶります。
IMG_5915_R
この時も目をつぶらせたままで。ピストンは困難ですので揺らす運動をします。この方が膣内に快感が広がります。

ポイント

女性の目をつぶらせることと、腰をローリングさせることで、ただ後ろからクリトリスを愛撫するより、かなり効果的な刺激を与えられる愛撫になります。この流れで、男性も女性も後ろに寝て、背面伸長位に移行しても、クリトリス刺激とローリングは継続できます。

次に2つめにいきます。

スクワット騎乗位で女性を疲れさせない方法

セックステクニックの手順

ステップ1.女性は膝を立ててしゃがんだ状態で、手を前に付いたままのスクワット騎乗位の体勢で動きを止めます。

うんこ座りの体勢で、少しペニスが挿入された状態で動きを止めてもらいます。女性は手に体重をかけ、太ももの筋肉への負担を軽くします。

ステップ2.女性に目をつぶってもらいます。

この時も女性に集中してもらいます。

ステップ3.男性は下からピストンします。

女性がこの体勢を我慢できるまででけっこうです。

ステップ4.そのまま、男性は濡らした指でクリトリスを愛撫します。

女性にスクワットさせる必要はありません。すべて男性が動きます。

 

ポイント

この流れから通常の騎乗位の体勢になり、女性に腰を浮かせたまま止まってもらい、男性が下からピストンすると、女性も疲れず、快感を感じることができます。

まとめ

今回は、もともとの体位が困難なこともあり、かなり男性に負荷がかかりました。しかし、女性に負荷をかけるよりは、男性ががんばることで「セックスは楽しくて気持ちいいものだ」と女性に思ってもらえれば達成感があるのではないでしょうか。

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。