Close

手を使った振動愛撫、わりとやりやすい形は、、、?

ブルルルル……

寒いわけじゃありませんよ。バイブの振動音を表現してみました。
(※すみません。今日はクリスマスとは全く関係ない話題です。。。)

振動の愛撫による快感は、男性にはわかりにくいですが、女性にはかなり有効といわれています。
女性の性感帯に、振動刺激を与える場合は、バイブなどの大人のおもちゃを使うことで簡単に愛撫することができます。

男性の手を使ってできないこともないですが、一定の強さやスピードで振動し続けさせるのはなかなか大変です。
それでも、手を使った振動愛撫は、女性にとって効果的な刺激になります。

手を使ってバイブを起こす3つのやり方

手を使って振動させる方法には、次のようなものがあります。
ここで一番やりやすいものは何だと思いますか?

1.指の腹をあてて小刻みに震わせる
2.手の平全体をあてて震わせる
3.手の側面をあてて震わせる

あなたも自分の手を、自分の太ももにあててやってみてください。

いかがでしたか? 1番も捨てがたいですが、以外に3番がなかなかやりやすくなかったですか?

個人差はあると思いますが、今日は、3番の「手の側面で振動を与える方法」について、考えていきたいと思います。

 

手の側面でバイブする時のメリット

手の側面は、いわゆる「手刀」の形です。他の形に比べて、長所と感じられる点は、
・手の平を横にすると、人体構造上、手首を支点に動かしやすい
・親指側と小指側を交互に動かすと動かしやすい
・指先だけや、手の平だけを振動させるのに比べて、早く動かしやすい
などが挙げられます。

そんな手の側面を使った振動は、女性のどこに使うと効果的か考えてみましょう。

 

女性のどこをバイブさせるのが有効か、、、?

手の側面部分は、一本の「線」のようになっていますので、女性の「一直線状の場所」が最適かと思われます。

そう考えると、女性器まわりでは、
・恥丘からクリトリスにかけて

・クリトリスから会陰にかけて

などに有効ではないでしょうか。

また、その他の性感帯でいえば、
・そけい部

・乳房の横の「スペンスの乳腺尾部」

・鎖骨
など振動させるのも有効だと思います。

人間の手で行うので、長時間やり続けるのは無理だと思いますが、愛撫のちょっとした味付けに使ってみると、案外悪くないかもしれませんよ。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。