Close

手マンでの「指入れ」4つの使い分け方

あなたは「手の使い分け」についてどのくらい知っていますか?

「なんとなくわかってるつもりだけど、、、」
「大体、いつも同じやり方」
「ちゃんと数えたことはないかも」

そう思ったかもしれませんね。知っていそうで知らない、手マンでの「指入れ」の世界。

今回は、手マンでの「指入れ」を、テクニックごとに4つに分類してみました。分類してみて思ったのですが、人間の指は、本当に多機能で素晴らしいと思います。まさに神の作った芸術品ですね。

手マンでの「指入れ」、4つのバリエーション

セックステクニックの手順

バリエーション1.挟み型

親指と中指(または人差し指)の2本で、クリトリスと膣口を挟む同時攻撃型。女性器表面の愛撫に最適なので、最初はこの手法から行うと良い。

バリエーション2.直線型

人差し指と中指の2本指を揃えたタイプ。
特徴:指をまっすぐ伸ばす形なので、奥に届きやすく、ポルチオ攻撃に有効。指先を軽く曲げたり、交互に動かすなどの繊細な動きもできる、直接攻撃型。

バリエーション3.指曲げ型

中指と薬指を曲げることで、女性が仰向けの時にGスポットを攻撃するのに有効。手首のスナップを使ったり、手の平の付け根で同時にクリトリスを刺激できるなど、万能攻撃型。

バリエーション4.ピストン型

指先や手首だけでなく、肘や肩から腕全体でピストンさせることで、少し強めに一定の強さで刺激することができる、安定攻撃型。バリエーション3の「指曲げ型」と連動することで、さらに威力を発揮できる。

 

ポイント

手マンでの「指入れ」で大切なことは、

・爪を切っておく
・女性器が濡れていなければあらかじめ濡らしておく
・最初は、激しくやるのではなく、ゆっくりと始める
・速度に緩急をつけるのではなく、一定の速度で行う

などです。相手の気持ちになって行えばわかると思います。

 

まとめ

いかがでしたか? こうやって分類してみると、今までなんとなく使っていたテクニックばかりですよね。ご覧のように、状況に応じて使い分けることで威力を発揮しますので、その使い分けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。