Close

指の関節のスキマ部分を使ったクリトリスの指マン愛撫

自分の指を見てみてください。関節部分の骨がゴツゴツ出っ張っていますよね。そして、さらによく見ていくと、人差し指と中指と薬指の、第1関節と第2関節の間にスキマがありますよね。今日は、このスキマにクリトリスを挟んで愛撫する指マン・テクニックを紹介します。

スキマに挟むとクリトリスの圧力が軽減される、、、!?

クリトリスへの指愛撫は、1本指でやることが多いかもしれませんが、どうでしょうか。もちろん、1本でやれば、的確にポイントに当てることもできるし、思い通りに動かすことにも集中できます。

でもひとつだけ注意点があります。それは、指1本だと「力が入りすぎる」可能性があることです。力を入れすぎると、女性が痛みを感じることもあるそうです。

そんなときは、今回紹介する、「2本の指の間にクリトリスを挟んで愛撫する方法」に切り替えてみてください。関節のスキマ部分にクリトリスを挟むので、クリトリスにかかる圧力も軽減され、力が入りすぎて痛みを感じさせるリスクも軽減されます。

この時、関節のゴツゴツで挟んでしまっては意味がありませんので気をつけましょう。
それでは、クリトリスの「指のスキマ挟みテクニック」を解説していきます。

 

クリトリスを挟んで行うテクニック

セックステクニックの手順

ステップ1.仰向けに寝て、足を開いた体勢の女性のクリトリスに右手を当てます。

指の間は、唾液や愛液で濡らしておきましょう。

ステップ2.人差し指と中指を少し広げ、第1関節と第2関節の間にクリトリスを軽い力で挟みます。

中指と薬指の間でもOKです。また、包皮の上から挟んでもどちらでもいいです。最初だけ包皮の上から、というやり方でもいいです。

ステップ3.左右に擦ります。

摩擦を加え、さすっていきます。

ステップ4.次に円運動の動きを与えるため、時計回りに手を動かします。

手の平ごと回転させるようにやるとスムーズにできます。

ステップ5.スピードを変えたり、手を振動させたりするのも効果があります。

さらに、摩擦しながら振動を加えるという方法もありです。

 

クリトリスを挟んで行うテクニックのポイント

常に、指の間に挟む時の圧力に気を遣うようにしてくだしさい。

1本指の時の快感と、指の間に挟んだ時の快感の違いを女性に確認しながらやってみると、女性の好みの快感のポイントが見えてくるかもしれません。

包皮を剥いてする時は、あらかじめ指の間をよく濡らしておいてから行ってください。

円の動きは、クリトリス全体に刺激が伝わりますので、かなり興奮度は高くなると思います。

振動させる時は、指先だけ動かすのではなく、腕全体を使って振動させると、振動の力が均等に伝わります。

 

クリトリスを挟んで行うテクニックまとめ

手の平全体を当ててクリトリスの周囲全体を愛撫する方法もありますが、これは、その変形バージョンとも言えます。他にも、第2関節と指の付け根の間のスキマもありますので、一度試してみてもいいかもしれませんね。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。