Close

指マンの“おあずけ”プレイ

今まで普通に食べることができたものが、ある日突然、「原材料不足」で、急に食べられなくなることがあります。数年前だと、牛丼とかがありましたが、最近だと、ポテトチップスがそうでしたので、あなたも記憶に残っているんじゃないでしょうか?

おあずけをされると、急にそれを食べたくなるのが、人間のサガですが、セックスにおいても、「焦らしプレイ」は、そんな“おあずけ”状態によく似たプレイかもしれません。

ということで、今日は、指マンにおける、焦らしプレイ、いえ、「おあずけプレイ」のお話です。

 

膣内に入れたら動かさない、というテクニック

女性のアソコに、指やペニスを入れた時に、すぐに動かすのではなく、しばらく動かさないようにジッとしていると、「膣内に馴染んでいい」、と言われています。

これは、膣内において、

・愛液が、指やペニスに絡み付き、スムーズな動きができるため
・指やペニスの形にフィットするように調整してくるため

と考えられています。

また、男性がジッとしていることで、女性は、「もっと愛撫してもらいたい」と思うようになり、興奮度が高まってくるようです。

それでは、指を入れて動かさないことで、“おあずけ”状態を作る、指マンのテクニックを紹介します。

 

「ワンアクション」が決め手の指マン・テクニック

セックステクニックの手順

ステップ1.女性器に、中指を上に向けて挿入します。

女性は仰向けに寝た体勢で、両脚を開いた状態です。

ステップ2.挿入したらしばらく動かさないでください。
動かさない時間は、自由です。

ステップ3.少しだけ、指先を動かします。

第一関節を曲げるだけ、というワンアクションで十分です。

ステップ4.指の動きを再び止めます。

指を伸ばし、ステップ2.の状態に戻します。

ステップ5.今度は、少しだけ指で擦ります。

これも「奥に入れて、戻す」というワンアクションだけ行います。

ステップ6.再び指の動きを止めます。

指を伸ばし、ステップ2.の状態に戻します。このような動きを繰り返します。

 

ポイント

「指は入れるけど、ほとんど何もしない」ことが、“おあずけ”状態となり、焦らし効果を生みます。

「たまに、少しだけ指を動かす」ことで、女性に通常以上の刺激を与えることができる、と考えられます。

 

まとめ

動かさないままでいると、女性の方から、愛撫をおねだりしてくるかもしれません。その時、焦らし続けるかどうかは、個人の判断で決めてください。“おあずけ”状態が長く続くのは、つらいですよね。ですから、そのへんのサジ加減は、お互いで決めておくといいかもしれません。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。