Close

指マンのコツと本当の目的について

img_4854_r

「手マン」と言うと、複数の指で愛撫する感じですが、「指マン」と言うと、ピンポイントで愛撫するテクニックになります。また、指マンは膣内への愛撫に最適です。

男性は、女性に興奮してもらうために一所懸命、手や指を動かしがちですが、それは「痛くて冷めてしまう」というのはすでにご存知のことかと思います。
特に、指マンで膣内を刺激するのは表に見えていない場所での愛撫になりますから、力加減やスピードの加減がどのくらいのバランスでいけばいいのかわかりませんよね。

ほとんどの女性は、膣内の指入れについて快感を得ることを目的にしていません。
指入れに期待することは、セックスに向けての準備なんです。

「そりゃぁ、前戯なんだからセックスに向けての準備に決まってるでしょ」

という方もいるかもしれません。
“準備”というのは次のようなことです。

・膣内を濡らして、ペニスを受け入れてもいい状態にする。
・膣内をほぐすことによってペニスを受け入れたときに痛みがない状態にする。

つまり、膣内が十分に濡れればそれでいいわけです。

男性としてはちょっと寂しい気もしますが、指マンが決して無駄なわけではありませんから、ここは「セックスへの準備のための行為」と思いましょう。

そのために必要な、指マンの大切なコツを紹介していきます。

指マンの心得

指マンをする時は、爪で傷つけないように気をつけましょう。あらかじめきちんと切っておくといいでしょう。もちろん、清潔な手でお願いします。

指マンのコツ1.ほぐす

膣内が硬い状態、すなわちまだ興奮状態になっていない通常の状態です。濡れていませんし、ペニスを受け入れられる状態ではないので、指でほぐすつもりで指マンしましょう。

セックステクニックの手順

ステップ1.腟口に浅めに指を入れ、ぐるりと回してほぐします。
img_4830_rimg_4832_r
入り口がほぐれていると、ペニスに絡みつきやすくなります。また、この段階の愛撫から愛液の分泌が始まっています。

ステップ2.膣内に深く指を入れ、ゆっくりと膣壁の内側を指を回しながらなぞります。
img_4856_r img_4854_r img_4852_r
膣壁を柔らかくすることでもほぐれてペニスに絡みつきやすくなります。

ポイント

ほぐすことを考えながらだと、激しくするのが決して正解ではないことがお分かりいただけるかと思います。

指マンのコツ2.押す

ここでは、Gスポットとポルチオへの愛撫をしていきます。

セックステクニックの手順

ステップ1.仰向けの女性に指を第二関節まで入れ、指を曲げた時の手前側、恥骨の裏側の部分がGスポットです。Gスポットは、さすったり叩くのではなく、「押す」刺激が有効です。
img_4856_r
img_4862_r
1秒押したら1秒離す、を繰り返してください。

ステップ2.ポルチオ(子宮)は、Gスポットのさらに奥にある子宮の入口部分です。
子宮口を押すのではなく、子宮口の周りの淵の部分。上側か下側を指で押します。
img_4866_r img_4870_r
ここは性感スポットとなっていて、下半身全体にしびれるような感覚が広がります。

ポイント

奥の方で届きにくいところですから無理にする必要はありません。Gスポットまで愛撫しただけでもかなり濡れてるはずです。

いかがでしょうか。指マンは、「ほぐす」ことと「押す」ことで膣内を濡らし、ペニスをスムーズに受け入れるための準備期間です。
激しい動きで感じさせようとするのは間違った行為ですので気をつけてくださいね。

ー長寺忠浩

この記事へのコメント

たかひろ
2016年12月13日 0:57

勉強させて頂いてます。
動画を入れたら如何でしょうか。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。