Close

正常位で女性がイカないときはこの体位にチェンジ!

shintyoui

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

最近、興奮したのが、、、、

女性からベッドに誘われた時です。

普通、誘うのは男性からだったり、
なんとなく雰囲気で、、、ってことが多いですよね?

実際、女性の方から誘うのは、
「エロい女だと思われたくない」
という感情が邪魔するようです。

そんな感情をぶち破ってまで私に、
「セックスしたい」と言ってくれることに興奮しました。

…。

まあ、生理周期とかの関係で、
偶然、ムラムラしてただけなのかもしれませんが^^

だとしても、そこまで言われたからには、
たっぷり満足させてあげないといけません!

ですが、その日は正常位で必死でピストンしても、
女性がなかなかイッてくれません、、、、

そこで、私が使った、奥の手を紹介します。

「伸長位」だと女性がイキやすい理由

冒頭でお話した「奥の手」とは、
正常位から伸長位に体位チェンジすることです。

これで実際にイカせることができました。

前にもどこかで話したかもしれませんが、
「伸長位」は女性をイカせやすい体位のひとつです。

伸長位とは、この記事の冒頭の画像のように、
女性が足をまっすぐ伸ばした状態でピストンする体位になります。

どうして伸長位がいいのかというと理由は単純で、
足をピンと伸ばすと力みやすいからです。

女性はイクときに力む必要があるので、
足を真っ直ぐ伸ばしていたほうが力を入れやすくなります。

「伸長位」に移行する方法

時々、
「女性が足を伸ばしたままだとペニスをうまく挿入できません」
という方がいます。

最初から伸長位をしようとするのではなく、
正常位から移行したほうが遥かにカンタンです。

まずは、女性の足を開いた状態で挿入します。

そして、女性の足を閉じながら、
足を乗り越えるようにして、自分の足を外側に出します。

これでスムーズに伸長位を完成させることができると思います。

冒頭でお話した「奥の手」とは、
正常位から伸長位に体位チェンジすることです。

これで実際にイカせることができました。

Gスポットとクリへの刺激を調整する

ちなみに、伸長位にはもうひとつメリットがあります。

それは、ピストン中にクリトリスも同時に刺激されることです。

ピストン中に女性のクリトリスと、男性の恥骨が擦れます。

膣内とクリトリスのダブルで刺激できるわけです。

ちなみに、女性に覆いかぶさるように体を前に倒すと、
クリトリスへの刺激が強くなります。

反対に体を後ろにそらせるようにすると、
クリトリスへの刺激は減りますが、、、、

その分、膣内のGスポットへの刺激が増えます。

男性が上体の角度を調整して、
女性の膣内とクリトリスへの刺激のバランスを調節すると、
さらにイキやすくなると思います。

 

今回紹介した内容は、正常位でのピストン中に、
あとちょっとでイカせることができそう…
というときに、特に使えると思います。

そんなときは伸長位に切り替えて、
彼女をイカせてあげてください。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

岡本 一
2015年7月25日 21:25

女性が力む必要があり、伸長位ね。盲点です

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。