Close

正常位で誰でも簡単にクリトリスを刺激できる方法

“正常位でピストンする時、男性の恥骨をクリトリスにぶつける”

セックステクニックで紹介する効果的な方法です。

でも、「ピストンしながら恥骨にぶつけるのってけっこう難しいかも、、、」
そう思ったことがありませんか?

クリトリスの場所がけっこう上の方に付いている、ということもありますが、この他にも、
・挿入角度が正しくない
・どちらかが太っている
・力加減がわからなくて怖い
などのケースの場合は、難しいかもしれません。

特に、力加減がわからないと、「クリトリスをつぶしてしまわないか?」って心配してしまうかもしれませんね。

今日は、そんな悩みを簡単に解決できる方法をお話しします。

女性が正常位で感じるメカニズム

正常位の時に女性が感じる快感は、
・ペニスが膣内を刺激する
・ピストンの時に膣口に摩擦の力が加わる
というのがわかりやすいメカニズムだと思います。

この時、男性の恥骨がクリトリスに当たることでも女性は感じることができ、むしろ、こちらの方がイキやすいともいわれています。

ただ、先ほどのケースの場合は、うまくクリトリスにあてることができないこともあります。そんな場合の対処法と、簡単なテクニックがありますので説明します。

 

クリトリスに恥骨をぶつけるのが難しい場合の対処法

挿入角度が正しくない場合

挿入時、男性の上半身が女性に密着しすぎると、挿入が浅くなることがあります。すると、恥骨があたる刺激が弱くなります。

この場合は、女性のお尻の下にクッションなどを入れてを女性器を上に向けさせるといいでしょう。お腹付近の密着間は少し減りますが、男性は奥まで挿入でき、恥骨同士が当たりやすくなります。

また、上体を起こした体勢で挿入する方場合も恥骨が当たりにくい体勢です。AVで男優がよくやってる体勢です。
この場合は、女性の腰の下にクッションを入れると、クリトリスが前傾するので、恥骨同士を当てやすくなります。

 

どちらかが太っている場合

お腹の肉が邪魔をして、クリトリスまで恥骨が届かない場合もあります。この時も、先ほどのように男性が上体を起こしてすると、あたりやすくなります。

それでも届きそうにない場合は、挿入して体を起こした体勢のまま、指で直接クリトリスを刺激する方法も有効です。

 

力加減がわからない場合

最初は弱いピストンをしながら、徐々に強くしていけばOKです。女性に、痛くないか聞きながらすればさらにいいと思います。

 

誰でも簡単なクリトリスへの小刻み振動

それでは、ここからは誰でも簡単にできるテクニックをお話しします。

それは、“クリトリスに恥骨を押し当てたまま、小刻みに振動させる”という方法です。ピストンというよりは、腰全体を振動させる感じです。膣口への摩擦は減りますが、クリトリスを狙って振動の刺激を伝えることができます。

この時、膣口にも振動は伝わります。前後、左右、上下に振動を与えますが、どれか一方向だけイメージして当てると集中できます。

これなら体を密着させた状態でも、体を起こした状態でも、刺激を伝えることができます。

 

まとめ

ピストンでクリトリスに刺激を与えるのが難しい、、、という場合に、誰でも簡単にできる方法を紹介しました。

普段からできて、難しいと感じていない人でも、最初にこのテクニックを使うと段階的に使うことができます。多くの人に使えるテクニックだと思いますので、試してみてはいかがでしょうか。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

KENTA
2017年12月9日 17:11

情報いつもありがとうございます。股関節が堅いということは関係しますか?

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。