Close

男性にしかないと思ってたら、女性にもあるもの

IMG_5682_R

今回は、女性の身体の意外なメカニズムについて勉強します。テーマは、「男性だけにしかないと思ってたら、女性にもあるもの」です。

もしかしたらあなたはペニスのことを思いつたんじゃないでしょうか。確かにペニスは、胎児の時に性別が別れる頃に、クリトリスから変化しています。その後は、男性は男性らしく、女性は女性らしい特徴が目立つようになり、それぞれの独自の性機能を持つようになります。

それでは、「男性にしかないと思っていたものが女性にもあった」という、意外に知られていない話を4つ紹介します。

男性ホルモン

IMG_4072tr_R

“男性”と名前が付いていますが、女性にもあります。

先程のクリトリスからペニスに変化する説明についての補足ですが、人間の発生学的には、女性の身体をベースに男性が作られます。胎児の時に、男性になることが決定すると、女性の体内で男性ホルモンが大量に分泌され、クリトリスからペニスに変化します。ということは、女性の体内にはふつうに男性ホルモンがあるということになります。

男性ホルモンと呼ばれるものの一つに、「テストステロン」というものがあります。これは人間の身体活動、特に女性にとっても大きな影響を及ぼしています。 テストステロンは、男性の場合は睾丸から分泌され、「男らしい骨格や筋肉を作る」機能や、「やる気や冒険心などのバイタリティを高める」機能、「性欲や精子を作る」機能などを促します。

一方、女性の場合はは卵巣から分泌され、次のような影響を与えています。

・やる気や冒険心などのバイタリティを高める
・生理期の排卵前頃に分泌量が増え、性欲が増す
・40代をすぎると女性ホルモンが減り、女性の体内でのテストステロンの割合が増えるため、外見や考え方が男性化する

どうやら年齢とともに男性化の傾向が強くなるようで、この他にも、

・ヒゲが生える
・頭がハゲる

などの影響ももたらすそうです。
ちなみに男性にも女性ホルモンはありますが、圧倒的に男性ホルモンのほうが多いため、女性が持ってる男性ホルモンほどの機能は発揮しません。

前立腺

IMG_4836_R

前立腺は、前立腺液を分泌し、精子と混合して精液を作る役目を持った器官ですので、女性には全く必要ありません。ですので、「精子を作ることに関わる機能を持った器官」という意味で言えば確かに女性には存在しないんですが、女性のスキーン腺が、男性の前立腺と似たような機能を持っています。

実はまだ、この説についてはっきりした確証がないのですが、クリトリスとペニスの発生学的な話と同じような考え方で、限りなく「男性の前立腺に近い器官」と言われています。そして、このような特徴があります。

・スキーン腺は尿道のすぐ近くにあり、性的興奮によって透明または乳白色の液体を分泌する
・液体には「酸性フォスファターゼ」という、男性の前立腺で作られる液体と似た成分が含まれている。

など、機能的には男性の前立腺に近いものもあるようです。

朝勃ち

IMG_5680_R

これは、「クリトリスが勃起する」ということです。男性の朝勃ちと、女性の朝立ちは、レム睡眠によって引き起こされます。レム睡眠は、浅い眠りの状態で、脳がもっともリラックスした状態です。脳がリラックスした状態になると、副交感神経が働きます。

実は、男性の「勃起現象」も、リラックスして副交感神経が優位に働いているときにおこります。逆にストレスなどがあると交感神経が刺激され、勃起しにくくなります。勃起するためにはリラックスして副交感神経を優位に働かせる必要があります。

ただ、女性の朝勃ちは、そんなに膨張するわけではないのでほとんど自覚する人は少ないようですが、、、

夢精

女性の夢精、、、ある意味、一番の驚きです。どういう状況かというと、夢の中でオーガズムに達して、起きた時、人によってはあそこがびしょびしょになる、、、というものです。さすがに射精するみたいに潮を吹くわけではないようですが、「なんとなく女性にあってもおかしくないか」、と納得してしまします。

夢精を経験した男性なら、あの気持ちよさはわかると思いますが、女性もかなり気持ちいいらしく、セックスとはまた違う、病みつきになりそうな満足感を得られるそうです。女性が夢精する原因は、若い女性の場合、性への興味や、性的な欲求不満などが多く、他にも体調や環境の変化などでも起きやすいそうです。

まとめ

以上、「男性の身体にしかないと思ってたら女性の身体にもある」ものの話でした。女性の身体もそうですが、男性も含めて人間の身体のメカニズムって不思議ですよね。まだまだわからないことだらけですが、何か新しい情報を見つけたらもたここで紹介します。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。