Close

第2の心臓の愛撫(足愛撫3つの方法)

P1300825

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

あなたもご存知だと思いますが、
「足は第2の心臓」と言われるほど
健康を左右するスポットです。

そのくらい大事なスポットなわけですから
もちろんセックスにだって
大きな影響を与えるはずです。

実際、足の愛撫で性感を感じる女性は
少なくありません。

なぜなら、女性の脳では、
足を愛撫したときに感じる部位と
セックスで感じる部位は同じだからです。

ですから、女性器愛撫の前におこなえば、
焦らしの効果も出るので、
女性器の性感もアップさせられます。

今回は、実際やってみて効果を感じた
足愛撫3つの方法を紹介します。

1:土踏まずの愛撫

足の裏にも色々なスポットがありますが、
土踏まずは特に有効です。

ここは、自分で刺激してもわかるとおり
ちょっと触るだけでも感じますよね。

なので舐めなくても触るだけで
けっこうな気持ちよさを与えられます。

まずは両方の親指の腹で
土踏まずをゆっくりと指圧していきましょう。

土踏まずの色々なスポットを押してみると
中でも女性の反応が良いスポットが見つかると思います。

そこを見つけたら、集中的に親指で指圧したり
指の腹で円を描くようにこすります。

ときどき親指の第1間接で押してみるのも、
ほどよく変化がつくのでオススメです。

2:くるぶしの愛撫

足のくるぶしで、
少し出っ張っている部分がありますよね。

じつはここは
とても感じやすいスポットなんです。

コチョコチョとくすぐるように
指の腹で撫でて刺激するのも良いですし、
舌先でチロっと舐めても女性は気持ちいいはずです。

最初は指でソフトタッチしながら
上下左右に万遍なく撫でてみましょう。

一番感じる場所がわかったら、
そこをピンポイントで舐めます。

わからない場合は、
出っ張りの麓(ふもと)を攻めてみてください。

3:足の甲の愛撫

足の甲には、
血管が浮き出ている部分があったり、
骨と骨との間にはクボミがあります。

あなたの舌先で、
血管とクボミのそれぞれを
たっぷりと時間をかけて舐めましょう。

血管やクボミに沿って
やさしく舐めるだけでも女性は感じます。

以上が「足愛撫3つの方法」でした。

今回お伝えしたテクニックは、
細かいツボの位置を覚える必要もないので
すぐにでも実践できるのではないでしょうか。

女性が生理でセックスできない日に、
マッサージ代わりに使っても良いかもしれません。

ー長寺忠浩

この記事へのコメント

岡本 一
2015年12月11日 23:55

足のつぼ、は生理の時に打ってつけですね。

返信
al
2015年12月12日 0:56

足の愛撫はしたことがないから試してみようかな

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。