Close

膣内への刺激度合いを倍増させるピストンテクニック

pistototo2

「刺激LIFE」の長寺です。

単純にペニスを抜き差しするだけでは、
女性の膣内への刺激が不十分で、
なかなかイカせることができないケースもあります。

そこで今回は、、、、

膣内への刺激を増やすテクニックを3つご紹介したいと思います。

(1)腰で円を描くピストン

ペニスを抜き差しするのではなく、
挿入したまま膣内でかき回すやり方です。

この動きを使いこなせるようになると、
例え、亀頭の大きさやペニスの太さに自信が無い方でも、
女性を中イキさせることができるようになります。

膣壁の、特に膣口から3分の1までの部分は、
感覚がとても敏感です。

この浅い部分を意識しながら、
膣内をかき回すイメージで腰を動かしましょう。

膣の中をグルグルとかき回すイメージで、
ペニスの付け根をゆっくりと回しながら、
ピストン運動を行いましょう。

カリの部分が、ちょうど膣壁に擦れるので、
上手に刺激することができるでしょう。

(2)膣壁の上下左右を狙うピストン

ペニスというのは「真っ直ぐ」ではありませんよね。
ペニスは普通、「しなり」があります。

この「しなり」を利用してみましょう。
膣の真っ直ぐ奥ではなくて、
膣壁の上下左右を突いてから、奥を突くように、
意識してペニスを動かすのです。

そうすることで、膣壁のより広い面積を、
ズルッ、と刺激することができます。

膣口にペニスを挿入する段階で角度を付けておくと、
敏感な「膣口から3分の1」までの部分を、
効果的に刺激することが出来ます。

(3)引く動きを意識したピストン

ピストン運動の時には、
どうしても突く・入れる方の動きにだけ、
意識が集中してしまいがちですよね。

これは、「女性の中に入りたい」という、
男性の本能によるものだと思います。

ですが、抜く時にもちょっとした動きを取り入れることで、
女性をイカせやすくなります。

抜く際に意識することは、

・なるべくゆっくりペニスを抜く
・ペニスを3分の2ほど引き抜いたら、膣をかき回す

この二つです。

ちょっとした豆知識ですが、実は、
哺乳類の中で亀頭が一番大きく発達しているのは、
人間なんだそうです。

これは、セックスの際に、ペニスのカリの部分を使って、
他のオスの精子を膣内から掻き出して、
自分の精子を受精させやすいように進化した結果です。

同時に、メスに快感を与えて、
受精しやすい状態を作ることが出来るそうです。

ですから、抜く動きの際にも、
なるべくゆっくりピストン運動を行って、
カリの部分で膣壁を擦りあげるようにしましょう。

また、一度奥を突かれて、快感を感じている状態で、
膣の浅い部分を刺激されると、
女性が感じる快感は増幅します。

ペニスを抜くときにも、
膣口周辺を亀頭で刺激することを忘れないでください。

いかがだったでしょうか?

ぜひ、通常のピストンだけでなく、
このような動きのバリエーションも試してみてください。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。