Close

舌の裏側を使ったクンニの使い途

梅雨だというのに、暑い日が続きますね。こんな時、あなたは、どうやって涼を凌いでいますか? 私は昨日、西麻布のアイスクリーム屋でソフトクリームを舐めていました。その時、ふと思いました。「舌の表面を使うクンニばかり紹介してるなぁ、、、」と。

クンニ・テクニックには、舌の裏側を使った方法もあります。なかなか効果的なテクニックですので、お話しします。

舌の表側との感触の違い

あなたの舌の表面を自分で触ってみると、ザラザラしてますよね。それに比べて、裏側は、ツルツルしてます。舌の裏側を使うクンニは、“ツルツルしたものを当てる”ということになります。

ザラザラしてる表面を使った方が、女性にとっては気持ちいいかもしれませんが、裏側のツルツルした、摩擦の少ない部分のクンニは、「初期の段階でする」と、ソフトな刺激でいいかもしれません。

また、いきなり包皮を剥いて舐めると、女性が痛がる場合がありますので、こんな場合にも有効かもしれません。

 

「舌の裏クンニ」のバリエーション

舌の裏側を使った、クリトリスへのクンニのバリエーションです。包皮を剥いたまま行っても大丈夫です。

セックステクニックのバリエーション

バリエーション1.押し付けるように当てる。

舌の裏全体を押し付けるように、繰り返し、当てます。

バリエーション2.上下に擦る。

舌の裏全体を押し付けたまま、上下に繰り返し、擦ります。

バリエーション3.左右に擦る。

こちらは、左右に繰り返し、擦るバリエーションです。

バリエーション4.回転させる。

舌の裏全体を押し付けたまま、繰り返し、回転させるように舐めます。

 

ポイント

舌の裏側を当てる時は、舌の裏側も、唾液で十分に濡らしておいてください。

ご存知だと思いますが、舌先を使ったクンニより、舌の表面全体を使ったクンニの方が、クリトリス全体に刺激が伝わりやすくなります。舌の裏側全体を使うのも、同じような効果があります。

舌の裏だけを動かすことは、かなり難しいので、動かす時は、顔全体を使うと楽にできます。

 

まとめ

最初に、舌の裏を使ったクンニをしておいて、途中から、舌の表側を使ったクンニにチェンジすると、ザラっとした感触の違いを女性に与えることができます。このような緩急のあるクンニ・テクを、自在に使いこなしてみてはいかがでしょうか。

PS.
刺激LIFEからのオススメ情報は↓をクリック

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。