ガチで女性に聞いてみた、おっぱい愛撫 NG5選、OK6選

img_4422_r

女性のおっぱいの愛撫の仕方は、大まかに、「手を使う」「口を使う」に分けられますが、女性の立場に立って考えれば、優しくされることがうれしいはずですよね。

いくら一所懸命愛撫しても、女性が痛いだけだったり、冷めてしまうような愛撫をしていては意味がないし、無駄な努力をしているようなもんです。

そこで今回は、「おっぱい愛撫」についてガチで女性に聞いてみました。

こうしてくれるとうれしい、といったようなOKパターンのほか、思わず冷めてしまうような、NGパターンも厳選してみましたので参考にしてください。

女性の心理を知っておくことで、的確な愛撫を行うことができるはずです。

手を使う場合のNG

・乱暴に揉む
「野獣のようで男らしい」とは、通常のシチュエーションでは思ってくれません。

・とにかく胸ばかり必死になって揉みしだく
「私よりおっぱいのことが好きなのかしら」と思い、冷めてしまうようです。

・強くいじる
痛いだけです。他に、強くつまむ、転がす、擦る、回す、も同様です。

口を使う場合のNG

・強く吸う
これも痛いだけで、他に、強く舐める、舌で転がす、噛む、も同じです。

・大げさに音を立てる
舐めてる時の顔もそうらしいですが、あまりオーバーアクションでも冷めてしまうそうです。

いかがでしたか?
身に覚えのあることもあったんじゃないでしょうか。
以上のことをふまえて、今度は「されてうれしいテクニック」に行きましょう。

女性がおっぱいにして欲しいこととは、、、

今回のテーマである、おっぱいは「乳房」と「乳首」から成り立っていますが、男性としてはどちらも女性に気持ちよくなってもらおうと一所懸命になります。女性にとって何がうれしいか知っておくと、今後のセックステクニックがまた一段階上がっていくでしょう。

“おっぱい星人”は女性からあまりよく思われていない、、、!?

されてうれしいテクニック.1

手を使う場合にしてもらうとうれしいこと

・時間をかけて触って欲しい
img_4417_r

先ほどの「胸ばかり揉んでると冷めてしまう」というリスクを避けるために、フェザータッチで触るだけで高評価につながります。また、ときどきキスや、耳元や背中へのタッチを混ぜれば、けっしておっぱいに固執してるわけではないことをアピールできます。

・褒めながら触られるとうれしい
img_4422_r

同じ揉まれるのでも、「すごくきれいな形だね」とか「やわらかくて気持ちいいね」という言葉を付け加えるだけで印象は変わります。ふだん人に見せない場所だからこそ褒められることはうれしいのです。ちなみにおっぱいが小さい女性はコンプレックスになっていますから「このおっぱい好き」と褒めてあげるととても喜ばれますので、小さいおっぱいの女性ほど有効なテクニックです。

・後ろから揉むのはさりげなくて好き
img_4434_r
おっぱい大好きないわゆる“おっぱい星人”の男性のことを、貧乳の女性も巨乳の女性も快く思っていません。特に、巨乳の女性は「体が目当てなんでしょ」と思ってしまうからです。後ろから揉むのはさりげなさがスマートというわけです。これに先ほどの「時間をかけて触る」のと「褒めながら触る」を組み合わせれば最強です。

・乳首は濡らした状態で触られると気持ちいい
img_4444_r img_4450_r
乳首を指で愛撫するときは、通常の指よりも濡れた状態の指の方が断然いいそうです。まず、自分の唾液をたっぷり指に付けてから、つまんだり、滑らせて弾いたりするとビクビク快感が走ります。女性の唾液や愛液を使うのもOKです。

・3本の指で愛撫されるとテクニシャンだと思う
img_4475_r img_4477_r
親指と中指で乳首の左右を挟んで圧迫しつつ、人差し指で乳頭をタッピングするとかなりのテクニシャンです。正面からでもいいですし、後ろからでもOK。さらに今まででてきた「時間をかけてじっくり」や「褒める」などの技もすべて複合できます。

されてうれしいテクニック.2

口を使う場合にしてもらうとうれしいこと

・乳首を舐めるときは口全体で含んだまま
img_4483_r
舐めるときは、舌先だけでベロベロ愛撫するより、口全体で含んでの方が感じます。口に含んだまま舌で転がしたり、先ほどの乳頭へのタッピングを舌でやったりなどを、この状態でやります。女性は視覚的に興奮しません。舌を出して視覚的にやるより口全体に含む方が密着感を感じられ、興奮度も上がっていきます。

ポイント

おっぱいの性感帯は、乳房より乳首のほうが圧倒的に感じます。乳首には、クリトリスと同じ「パチニ小体」と「マイスネル小体」が分布されており、強い快感を感じるようにできています。唾液などで濡らして刺激したほうがいいこともクリトリスのことを考えれば納得できると思います。

今回紹介したのは、あくまでも女性の常識的な感覚です。男女の関係がもっと深くなっていれば、強めの愛撫や、わざと音を立てて舐めたり吸ったりするのも興奮材料のひとつになります。これだけお互いの信頼があれば、「男性の足で胸をいじる」や、「乳首を甘噛みするテクニック」などもありますが、それはまたいつかの機会で紹介します。

ー長寺忠浩

sz_banner


コメントを残す