愛液の質は、サラサラよりネバネバ

img_3622_r

女性器が濡れてから挿入するのは常識ですが、濡れたらすぐに挿入していませんか?
確かに十分濡れてますから、挿入しても構わないんですが、、、実はすぐに挿入しないほうがお互いのためにいいんです。

その理由は愛液の「質」にあります。最初に分泌される愛液はサラサラした成分です。この愛液は膣壁から分泌されます。しかし、この最初の愛液が出た段階で挿入すると、挿入時に痛かったり途中で乾いたりすることがあります。

女性の興奮度が高まることによって、ネバネバした愛液が出てきます。
これは子宮の入り口(子宮頚:しきゅうけい)から出てくる粘液で、分泌されてから膣口に降りてくるまで10~15分かかります。
このネバネバ愛液が分泌されてから挿入するとお互い、最適な潤滑油となって気持ちのいいセックスができるのです。

このように、女性の愛液は、複数の種類があり、実に複雑です。
それらのしくみと役割を知っておきましょう。

愛液は大まかに4種類

4つの愛液は、分泌される場所がそれぞれ違いますが、その役割は共通していて、
・膣内を潤して、菌の繁殖を防ぐ
・セックスの際の挿入をスムーズに促す
・妊娠を助ける
などがあります。

以下に詳しく説明していきます。

4種類の愛液の比較

1.膣壁分泌液
・分泌される場所 膣内の壁から
・性質      さらっとした液体
・役目      膣内を潤し、酸性に保ち、菌の繁殖を防ぐ
・特徴      リンパ液と言われるが詳細はわかっていない。
量に限りがあり、次第に少なくなっていく
P1340811

2.バルトリン腺液
・分泌される場所 膣口の両側から
・性質      無色透明の液体
・役目      膣入り口を潤し、挿入を助ける
・特徴      男性の「カウパー氏腺液」に相当する。
img_3792_r

3.スキーン腺液
・分泌される場所 尿道の両側から
・性質      乳白色の液体
・役目      膣入り口を潤し、挿入を助ける
・特徴      男性の「前立腺液」に相当する。

4.子宮頚粘液
・分泌される場所 子宮頚から
・性質      ねっとりネバネバした粘性の液体
・役目      膣内を潤し、挿入を助ける
・特徴      興奮すると分泌され、オーガズム時にも
大量に分泌される。
また、発情期である排卵期に顕著に見られる。
%e5%ad%90%e5%ae%ae%e6%96%ad%e9%9d%a2%e5%9b%b3%e3%83%bb%e5%ad%90%e5%ae%ae%e9%a0%9a%e2%97%8fbluejpg_r

ポイント

子宮頚粘液が出るには十分な愛撫が必要です。膣口に下りてくるまで10~15分と言われていますが、大事なのはお相手の女性の濡れ具合です。ですので、粘り気を確かめながら愛撫するといいでしょう。

また、ネバネバの愛液が出たからといって、すぐに挿入するのではなく、ペニスに愛液を絡めるようにゆっくりピストンを行うと、お互いの性器がねっとり絡まり、得も言われぬ快感に包まれます。
そして、激しいピストンをすると乾いてしまう可能性もありますので、分泌具合の様子を見ながらネバネバを堪能してみてください。

ー長寺忠浩

sz_banner


1件のコメント

  • みっくん

    潮はこのうち何番になるのでしょうか?2?3?4?

コメントを残す