Gスポットは移動する、、、!?

2016-08-17_030_leg

「Gスポットが日替わりで移動する」という説は聞いたことがありますか?

女性器の性感帯のなかでクリトリスに次いで気持ちいとされるGスポット。基本的には恥骨の裏側辺り、指を挿れて第二関節を曲げた辺りの1円玉ほどの大きさのエリアにありますが、これが日によって移動するという説があります。

詳しいことはわかっていませんが、ある女性によると、Gスポットの昨日気持ちよくてイッた場所が今日は感じなかったりすることがあるらしく、別のところで感じてイッてしまったとか。

“女性には生理があり、ホルモンバランスやその日の体調により感じ方が変わってくるから”、という理由も考えられますが、「移動する」ことの説明にはなりません。

現在、人体学的に推測されているのは、“クリトリスとGスポットが体内でつながっているため、クリトリスが興奮すると前方に張り出してきて、Gスポットも一緒に前に出てくる”という説が有力です。

女性の感覚では「全然違う場所」という印象がありますが、わずか10分の1ミリ動いただけで体内で受ける感覚はまったく違うのかもしれません。

ほかにもこんな例があります。

・昨日、背中が感じたのに、今日は足が感じる
・昨日はクリトリスが感じたのに、今日は膣内のほうが気持ちいい

これらは完全に体調や気分の問題のような気がしますが、心と身体のバランスが安定しているときは、気持ちいい場所や感度は安定しているはずです。

では、気分によって日替わりで感度が変わるとして、それに合わせて対応してみるとしましょう。 その方法を解説します。

Gスポットが移動してるか確認してみよう

まずは指を入れてみて、どこが気持ちいいか聞いてみるのが一番です。男性はわかりづらいかもしれませんが、女性は微妙な快感ポイントのズレがわかるかもしれません。
クリトリスが勃起する前と勃起後の誤差も確かめてみると今後の愛撫の際の指標となるでしょう。
次に、指ではなくセックスしながら探すやり方も解説します。

ペニスを使って探してみよう

ペニスでGスポットを探すパターン(ピストンテクニック)

パターン1.ペニスで少しずつ突く位置を変えながら確認する

セックスしながら「ここは気持ちいい?」「ここはどう?」など、聞いていくと男性も楽しいです。
img_20161110_214014_r
img_20161110_213842_r

パターン2.体位を変えて突きながら確認する
img_3137_r

Gスポットを刺激できる体位は、女性の腰の下にクッションを置いて、エビ反りになった正常位だと、角度が鋭角になってGスポットを刺激しやすくなります。

クリトリスの勃起によってGスポットが移動する説を取るなら、移動範囲は前後の微妙な距離だと思います。
女性の体調や気分、生理周期のホルモンバランスが原因とされるにしても、先ほど解説した「指さし確認」と「ペニス挿し確認」などの確認作業を女性に聞いていけば慌てず対応できるはずですから、逆に“今日の性感ポイントを探す”つもりでいれば、セックスライフは楽しいものになるでしょう。

ー長寺忠浩

sz_banner


コメントを残す