Close

12,660人斬りの「絶倫校長」の異常なピストン

「刺激LIFE」の長寺です。

少し前に、中学校の校長先生が逮捕されたニュースを覚えてますか?

26年間で、1万2660人もの女性を
海外で買春してきたのだとか。

下は10代前半から上は70代まで、
守備範囲が広すぎだろ!
ってことも話題になりました。
(まあ、下の方が問題で逮捕されたわけですが…)

1日に10人以上の女性をホテルに連れ込んでいた
なんて話も出ています。

良いか悪いかの話は置いておいて、、、、

「そもそも、なんでそんなに絶倫なのか?」
ということが気になった方も多いと思います。

週刊誌によると、
お気に入りの女性だけに膣内射精して、
それ以外はピストン運動だけだったそうなのですが、、、、

それでも、勃起を維持出来るだけでもスゴいですよね。

これには色々な説が出ているようです。

可能性1:勃起薬を使っていた

ほぼ間違いないだろうと言われているのがこれです。

なんらかのED治療薬を使っていたと考えるのが妥当でしょう。

シリウスなどの長時間効果のあるタイプのものを
使いこなしていたのかもしれません。

可能性2:「持続勃起症」だった

性欲がなくても勃起したり、
一度勃起するとずっと収まりにくくなる、
「持続勃起症」という病気があります。

もしそうなら、薬に頼るまでもなく、
絶倫に近い状態だったのかもしれません。

可能性3:射精しなくてもオーガズムを味わえる体質だった

ドライオーガズムのように、
射精しなくてもオーガズムを味わえる男性もいます。

そういった体質のおかげで、
射精しなくても絶頂感を感じていたのかもしれません。

可能性4:写真を撮ることに精神的なエクスタシーを感じていた

セックスそのものよりも、
女性の服を脱がせて写真を撮ることで、
精神的に満たされていたのかもしれません。

だとしたら、セックスはオマケというか、
挿入できればそれでよかったのでしょうか。

 

あくまでも予想ですので、参考までにしておいください。

と言っても、参考になる部分はないかもしれませんが、
とにかく衝撃的でした。

 

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。