Close

セックスで「本来の快感」を取り戻すための5つのステップ

sexserap

「刺激LIFE」の長寺です。

今回は、セックスでの本来の快感を取り戻す方法をご紹介します。

と言いますのも、、、、

セックスにプレッシャーや義務感を感じているせいで、
100%気持よくなれないケースが少なくないんですね。

これは男女どちらにも起きる問題です。

これからお話しするのは、具体的な愛撫のテクニックなどではなく、
プレッシャーを取り除いて、男女両方が感じやすくなる内容です。

ちょっと時間はかかりますが、
「セックスセラピー」でも使われている方法なので、
はっきりと実感できるほどの感覚が変化します。

相手の女性がセックスでイキにくい場合は、
イキやすくなる効果もあります。

そもそも、「セックスセラピー」とは

あなたは、「セックスセラピー」って聞いたことがありますか?

「そんなエロいセラピーがあるなら受けてみたいです!!」
と思われたかもしれませんが、

……残念!

セックスセラピーと言っても、
エロエロなセラピストのお姉さんが癒してくれるわけではないのです。

では、具体的にどんなことをするのかというと、
「カウンセリング」です。

セックスレスとか、オーガズムを感じられないとか、
そういった悩みを抱えているカップルにカウンセリングをして、
問題を解決していきます。

カウンセリングだけでセックスの問題を解決すると言われても、
なかなかピンとこないかもしれませんが、、、、

セックスのやり方を指導していくのがメインになります。

具体的には、こんな方法です。

肌への刺激に集中させるテクニック

まずは、男女が裸で抱きあうだけのところからスタートして、
数週間かけて気持ちを高めていく方法です。

セックスへの義務感やプレッシャーをリセットすることで、
お互いに肌の感覚に集中しやすい状態を作り出します。

そうすることで、セックスでイキやすくなるんですね。

時間をかけるという部分では、
「ポリネシアン・セックス」と少し似ているかもしれません。

ですが、こちらのほうがもっと実践しやすい内容だといえるでしょう。

それではやり方を紹介していきます。

具体的なやり方

これから紹介するそれぞれの段階を、
最低でも1週間以上行うようにして下さい。

頻度が少ない場合は、長めに時間を欠けても大丈夫です。

ステップ1

女性と一緒に裸でベッドに入って、15分ずつ交代で体を触ります。

ただしこの段階では、性器や乳首などの性感帯には触れないようにします。

物足りないかもしれませんが、しばらくの我慢です。

ステップ2

ここからは、性感帯にも触れていくようにします。

と言っても、性感帯だけを刺激するのではなく、全身を触ることを意識しましょう。

強く刺激して相手の女性をイカせる必要はありません。

これも、交代で15分ずつ行います。

ステップ3

この段階ではペニスの挿入はしないで、「素股」をします。

女性が上になる騎乗位で、
ペニスをワレメに擦り付けるようにして動いてもらいます。

時間は15分〜1時間ほどです。

どちらかがオーガズムに達してもOKですが、
必ずイカせないといけないというわけではありません。

ステップ4

ここでもまだペニスの挿入はしませんが、
お互いに口を使って相手を気持ちよくします。

つまり、クンニやフェラですね。

時間は15分〜1時間ほど続けてみてください。

ステップ5

いよいよペニスを挿入してのセックスをします。

できるだけ激しくしないようにして、
動くペースなどは相手の女性に任せてしまっても大丈夫です。

その後は、普段通りのセックスのやり方に戻していきます。

 

いかがだったでしょうか?

セックスへの問題があるカップルはもちろんですが、
そうでない場合でも、試してみると感覚の変化が実感できるはずです。

気になった方は、ぜひ試してみてください。

 

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。