Close

女性への愛撫が上手くなる単純すぎる練習方法とは!?

aibuchikara

「刺激LIFE」の長寺です。

「女性を愛撫するのが上手くなるコツは?」
と聞かれたら、私はこう答えます。

指先の力加減をコントロールすること

強すぎない、女性が最も感じる力加減で、
愛撫をし続けることさえできれば、、、、

女性からの評価も高まるはずです。

今回は、簡単な練習方法を4つご紹介します。

練習その1:「薄いグラス」を触るようなイメージで

よく「ソフトタッチ」が大事と言われますが、
具体的にどれくらいの強さで触ればいいのでしょうか?

答えは単純です。

「薄いグラス」を触るときのようなイメージで、
女性に触れてみてください。

ワイングラスやビールグラスでは、
強く握ると割れてしまいそうなものがあります。

そういうグラスに触る機会があれば、
女性に触ってるつもりでイメージトレーニングしてみましょう。

練習その2:指の動きのバリエーション

力を入れずに優しく触ろうとすると、
動きがワンパターンになりがちですが、、、

最低でも、「つまむ」、「挟む」、「こねくりまわす」
この3つのバリエーションは使いこなせるようになりましょう。

「つまむ」の練習は、ブドウの粒を乳首やクリトリスに見立ててやってみましょう。
柔らかさや感触がちょうど近いかもしれません。

「挟む」のはピーナツなど豆類でも出来ます。
家飲みしながらでも練習できそうですよね。

「こねくりまわす」の練習は、クッションなどが使えます。

練習その3:利き手じゃない手のトレーニング

利き手の力加減をコントロールできるようになったら、
次は、反対の手も鍛えておきましょう。

もっともっと女性を感じさせることができます。

二つのボールもしくは風船を、
両手で同時に触ってみましょう。

そして、右と左で違う揉み方をします

利き手じゃないほうは、あまり手が動かないか
動いたとしても、利き手の動きにつられてしまうのではないでしょうか。

利き手じゃない方の手で箸やペンを持ってみたりなど
普段から地道に鍛えておくと、なお効果的です。

練習その4:「強さ」はそのままで「速さ」を変える

ソフトタッチは完璧に身についたけど、
どうしても物足りない…

そんな時は触るときの「強さ」を変えるのではなく、
動かす「速さ」を変えましょう。

ソフトタッチのままでも高速愛撫をすると、
女性に強い快感を与えることができます。

昔、「16連射」が流行りましたが、
あれも腕の筋肉の力を抜く必要がありますよね?

そうじゃないと速い動きをつづけることはできません。

 

いかがでしたでしょうか?

女性が悦ぶ姿を想像しながら、コツコツ練習しておきましょう。

 

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。