Close

2点責めで女性の快感を最大限に引き出す方法

突然ですが、
あなたに質問です。

女性の複数の性感帯を
同時に責めるときに大切なこと
って何だと思いますか?

例えば、、、

太ももを手で撫でながら、
乳首を舌先で転がしたり。

Gスポットを指で刺激しながら、
クリトリスに吸い付いたり。

このような2点責めのテクニックは、
きっとあなたも使ったことがあると思います。

1箇所を責めるよりも、
複数同時に責めたほうが、
女性に複雑な快感を与えられますが、、、

3点責め、4点責め、5点責め、6点責め……

などと、
責める場所を増やせば良いかというと、
そんな単純な話ではありませんよね?

あまり複雑な技になると、
丁寧に愛撫するのが難しくなるからです。

実は
何箇所の性感帯を同時に責めるかは、
あまり重要ではありません。

シンプルな2点責めでも、
女性を短時間で深いオーガズムに
導いくことができます。

そのために大切なこととは、、、

「動きを連動させる」
ということです。

バラバラに刺激するのではなく、
2箇所を同じリズムで刺激します。

特に、クリトリスとGスポットは、
位置的にも表と裏の関係ですので、
同じリズムで刺激するとかなり効果的です。

うまくハマると、
びっくりするほど短時間で、
女性がイってしまうことがあります。

わざとリズムを崩して、
じらしたほうが良いくらいです。

ちなみに、
クリトリスとGスポットの
同時刺激のやり方は、、、、

(1)指を膣に挿入してGスポットを刺激しながら、
反対の手でクリトリスを刺激する

(2)ペニスを挿入してピストンしながら、
指をクリトリスに当てて刺激する

(3)ペニスを奥まで挿入して、
恥骨をクリトリスに押し当てながら、
グリグリと擦り付けるようにピストンする

この3つが定番でしょうか?

(1)と(2)は、
意識して2つの動きを
連動させないといけません。

ですが、
(3)は特に意識しなくても、
動きが連動しているので、
かなり使えると思います。

クリトリスとGスポットに限らず、
2点責めの時は動きを連動させる、、、、

これだけはしっかりと
覚えておきましょう。

実際に使ってみて、
効果的な組み合わせが見つかったら、
私にも教えて下さいね。

ー長寺忠浩

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。