Close

AV女優についての意外なトリビア

avjoyu

「刺激LIFE」の長寺忠浩です。

最近知って驚いたのですが、、、、

日本人女性の200人にひとりは「AV女優」

なのだそうです。

つまり、街中を歩いてるだけで、
毎日のようにAV女優とすれ違ってるかも?

というわけで、今日は、
AV女優のトリビア的な話をしてみたいと思います。

トリビア1:AV女優にもランクがある

ご存じの方も多いかもしれませんが、
AV女優は3種類に分けられます。

一番知名度が高いのが、
メーカーと専属契約を結んでる「単体女優」

あまりAVに詳しくない人でも名前を知ってるような
超有名女優はだいたいこの単体女優ですね。

一方、専属契約は結んでいないものの、
人気のある女優は「キカタン(企画単体)」と呼ばれてます。

契約の縛りがない分、たくさんの作品に出演して、
単体女優以上に稼いでいるキカタンもいるそうです。

そして、それ以外の女優さんは「企画女優」です。

女優さんの名前自体が知られていないので、
マニアックな作品に出演する事が多いです。

トリビア2:AV女優になったきっかけは…

一昔前だと、街中でモデルとしてスカウトされて、
事務所についたら実は、、、、

という形でAV出演が決まるケースがほとんどだったのですが、
最近ではスカウトの規制も厳しくなっています。

ですので、ネットでの応募が増えているのだとか。

応募する動機は人それぞれで、

「有名になりたいから」「AV女優の◯◯さんに憧れて」
という動機もあれば、

お手軽なバイト感覚でという女性もいるそうです。

トリビア3:処女ものはガチ

ときどきAVでみかける、
「処女喪失モノ」ですが、、、、

本当に処女というケースがほとんどだそうです。

AV男優のしみけんさんも断言してました。

ざっくりと紹介してきましたが、
こういうことを知ってればAVを見る目が変わるかも!?
ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。