Close

Gスポで感じにくい女性を感じさせる3つのポイント

ushirogs

「刺激LIFE」の長寺です。

Gスポットを刺激してみても、
女性がはっきりと反応をしてくれないケースがあります。

そんな状況だと、
本当に正しい場所を刺激できているのか分からず、
先に進めませんよね?

そこで今回は、
より確実性の高いGスポットの愛撫法
3ステップに分けて解説したいと思います。

ステップ1:女性の姿勢はうつ伏せで

通常、女性の膣に指を挿入してGスポットを刺激する時は、
女性に仰向けに寝てもらうと思います。

もちろん、それでうまくいくのなら、
問題はないのですが、、、、

もしうまくいかない場合は、
うつ伏せになってもらうと成功率が上がります

というのも、女性があおむけでいると、
子宮など器官が重力に引っ張られるせいで、
Gスポットが膣壁から離れてしまいます。

そのせいで、
Gスポットを見つけにくくなってしまう事があるんですね。

一方、うつ伏せなら、
Gスポットは膣壁に近い場所になりますので、
指で刺激した時の反応も分かりやすいです。

やり方は、まず女性にうつ伏せになってもらって、
両足を軽く開かせます。

そして、ややお尻をつきだしてもらった状態で、
後ろから指を挿入して、刺激します。

成功率を高めるためにも、
うつ伏せで挑戦してみることをおすすめします。

ステップ2:ポイントではなくエリアで攻める

次はGスポットを指で刺激する方法を解説していきます。

Gスポットの大きさは直径1センチ…つまり1円玉サイズです。

ですが、女性の膣内で、
Gスポットをピンポイントで誤差なく刺激するのは、
結構難しかったりします。

そこで、意識して欲しいのは、
直径2〜3センチほどのやや広いエリアを愛撫する
ということです。

その中にGスポットが入っていれば、
当然、女性を感じさせることができます。

人差し指、または中指を女性の膣に第二関節あたりまで挿入して、
女性のお腹側の膣壁に指の腹を押し当てます。

そのまま、指の腹で直径2〜3センチほど円を描くようにして、
Gスポットを刺激します。

単純なやり方ですが、
この円の動きをメインにやってみるといいと思います。

ステップ3:性感を引き出す2点攻め

それでも、Gスポットの刺激で
なかなかよい反応をしてくれない場合は、、、、

他の性感帯とGスポットを同時に刺激してみると良いでしょう。

例えば、反対側の手でクリトリスを刺激しながら、
Gスポットへの愛撫を続けていきます。

その状態をしばらくキープしてから、
徐々にクリトリスへの刺激を弱めて、
女性の意識をGスポットでの快感に集中させましょう。

こういった段階を踏んでいくことで、
女性がGスポットで感じられるようになる確率が一気に高まります。

 

以上、3ステップに分けて解説しました。

特に、セックス経験の少ない女性の場合は、
なかなかGスポットで感じにくいということもあるかもしれません。

その場合でも、今回紹介した内容を意識して根気強く続けていくことで、
相手の女性がGスポットで感じられるようになる可能性は十分にあります。

参考になれば幸いです。

 

ー長寺忠浩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。